May 9, 2018 / 9:49 AM / 18 days ago

日中防衛当局、衝突回避の連絡体制開始へ 10年間の協議経て

[東京 9日 ロイター] - 安倍晋三首相と中国の李克強首相は9日、日中の軍用機や艦艇の偶発的な衝突を避けるため、防衛当局間のホットラインを含めた連絡体制「海空連絡メカニズム」の運用を始めることで合意した。6月8日に開始する。

 5月9日、安倍晋三首相と中国の李克強首相は、日中の軍用機や艦艇の偶発的な衝突を避けるため、防衛当局間のホットラインを含めた連絡体制「海空連絡メカニズム」の運用を始めることで合意した。(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

中国軍が東シナ海で活動を強める中、自衛隊と人民解放軍の戦闘機が接近したり、中国軍艦が自衛隊の護衛艦に火器管制レーダーを照射するなどの事案が発生し、不足の事態が起きることが懸念されていた。両国は10年前から連絡体制の確立を協議してきたが、関係改善の機運が高まってきたことでようやく合意した。

現場のパイロット同士、艦艇の乗員同士が事前に決められた手法で連絡を取り合うほか、防衛当局の幹部同士をつなぐホットラインを開設する。さらに毎年1回、局長級と課長級の専門会合をそれぞれ開き、連絡体制の運用状況や課題を協議する。

ただ、ホットラインについてはどのような形で開設するのか、どのような事態が起きた場合に連絡を取り合うかなど詳細が詰まっておらず、6月8日までに準備が整わない可能性がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below