August 2, 2019 / 9:41 AM / 16 days ago

中国、米国に報復警告 トランプ大統領の追加関税に猛反発

 8月2日、中国外務省の報道官は、米国が中国製品に追加の関税を課すのであれば、中国は対抗措置を取らざるを得ないと発言した。7月撮影(2019年 ロイター/Aly Song)

[北京/ワシントン 2日 ロイター] - トランプ米大統領が1日、3000億ドル相当の中国製品に対して来月から10%の制裁関税を課す意向を発表したことを受けて、中国政府は2日、脅しには屈しないと表明、報復措置に出る可能性を警告した。

中国外務省の華春瑩報道官は北京で開いた記者会見で、米国からの圧力によって妥協するつもりは全くないとの姿勢を示した。

報道官は「米国がこうした関税導入を実行するのであれば、中国は自国の中核的かつ根本的な利益を守るために必要な対抗措置を取らざるを得ない」と述べた。

また「われわれはいかなる最大限の圧力、威嚇や脅迫も受け入れない。原則的な問題については、われわれは一歩も譲歩しない」とし、米国が「錯覚から覚め」、相互間の敬意と平等の精神に基づいた交渉の正しい道筋に戻るよう望んでいると付け加えた。

中国の王毅外相は、タイで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)関連のイベントの合間に記者団に対して、2国間の対立を解決する上で、追加関税は「正しい方法ではない」との見方を示した。

*中国外務省の会見内容などを追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below