for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ブラジルの有名ヒーラーに性的虐待疑惑、女性200人が告発

[ブラジリア 12日 ロイター] - ブラジルで有名な心霊治療師の男が、200人以上の女性から性的虐待を受けたとして告発され、警察が捜査を始めた。本人は疑惑を否定している。

「ジョン・オブ・ゴッド」(神のジョン)と名乗るこの男は、本名ジョアン・デシェーラ・ジ・ファリア。1976年、同国中央部にあるアバディアニアという小さな街に施設を構え、スピリチュアル(霊的)な指導や「治療」を行っていた。2013年に、心霊療法のやり方を米人気司会者オプラ・ウィンフリー氏がリポートしたことで、一躍有名になった。

検察によると、同氏に対する告発が7日に初めて現地テレビで報じられて以来、外国人を含め258人の女性が、性的虐待を受けたと声を上げたという。検察は同氏の逮捕状を請求した。

ファリア氏は12日、スキャンダル発覚後初めてコメントを発表し、無実を主張。一方、ウィンフリー氏は声明で「名乗り出た女性らに共感している。正しい裁きが下ることを願う」と述べた。

アバディアニアの経済はファリア氏のヒーリング施設を訪れる観光客に依存しており、衝撃が走っている。同氏の信奉者らは告発内容を否定し、街に殺到しているリポーターらにいやがらせを行う者もいるという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up