July 23, 2019 / 4:07 PM / a month ago

米コカ・コーラ、通年見通し引き上げ 株価は最高値更新

7月23日、米飲料大手コカ・コーラが公表した第2・四半期決算は、利益が予想を上回った。カリフォルニア州エンシニータスで6月撮影(2019年 ロイター/MIKE BLAKE)

[23日 ロイター] - 米飲料大手コカ・コーラ(KO.N)が23日公表した第2・四半期決算は、利益が予想を上回った。事業の買収・売却や為替の影響を除いた本源的売上高(オーガニックセールス)の通年見通しを引き上げた。新しいコーヒー事業やゼロシュガーソーダ需要に注力する。

株価は午前の取引で約5.4%上昇、一時過去最高値を付けた。

一時項目を除く1株当たりの利益は0.63ドル、リフィニティブがまとめた市場予想を0.02ドル上回った。

純売上高は6.1%増の100億ドルで、予想をわずかに上回った。既存の「コカ・コーラ」やゼロシュガーバージョンが4%伸びた。

オーガニックセールスは6%増。通年のオーガニックセールス増加率見通しは5%で、従来予想(約4%)から引き上げた。

コカ・コーラは、英コーヒーチェーン大手コスタを50億ドルで買収した。最近では缶入りコーヒー飲料を英国で、コーヒーベースのソーダを複数市場で展開するなどしている。

「コーク・ゼロシュガー」は2桁の伸びが3年目に突入。商品の小型化や新しい風味が追い風と、コカ・コーラは説明する。

米ペプシコ(PEP.O)が今月公表した第2・四半期決算もアナリスト予想を上回った。既存ソーダの小型化需要が押し上げた。

エドワード・ジョーンズのアナリストは「小型化は間違いなく今後の方向性だ。この分野が底堅く、刷新の動きが見られ評価できる」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below