Reuters logo
クーレECB専務理事が孤立主義厳しく批判、金融規制緩和に警鐘
2017年4月19日 / 15:45 / 7ヶ月前

クーレECB専務理事が孤立主義厳しく批判、金融規制緩和に警鐘

[フランクフルト 19日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は19日、訪問先のニューヨークで、社会で最もぜい弱な層をさらに危険にさらす恐れがあるとして、孤立主義を厳しく批判した。

グローバル化を擁護し、国際協力の強化を促す考えを示した。

米国の新政権が唱える金融規制緩和について、最終的に裏目に出るほか、世界に影響が及ぶ恐れを指摘した。

「一方的な金融規制緩和で、直ちに便益が得られる可能性もあるが、金融安定や究極的には経済成長に有害な影響が及ぶ可能性は、後になるまで表面化しない公算が大きい」と指摘。「これらの影響は世界中に及ぶ。最終的に社会でもっともぜい弱なメンバーが大きく(危険に)さらされる状態に陥る」と警告した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below