May 9, 2018 / 4:24 AM / 13 days ago

米カリフォルニア州、コーヒー販売で発がん性警告を義務付け

[ロサンゼルス 8日 ロイター] - 米カリフォルニア州上位裁判所の判事は8日、州内で販売されるコーヒー商品に発がんリスクを警告するラベルを貼るべきとした3月の暫定判断を確定した。この判断で判事は、スターバックスなどコーヒーを提供する企業は、コーヒー豆の焙煎時に生じる化合物(アクリルアミド)による健康リスクが、コーヒー飲用によるプラスの効果を打ち消していることを示していないとした。

 5月8日、米カリフォルニア州裁判所は、州内で販売されるコーヒー商品に発がんリスクを警告するラベルを貼るべきとした3月の暫定判断を確定した.。判事は、コーヒー提供企業は、コーヒー豆の焙煎時に生じる化合物(アク.リルアミド)による健康リスクが、コーヒー飲用によるプラスの効果を打ち消していることを示していないとした。写真は昨年5月撮影(2018年 ロイター/Carlo Allegri)

カリフォルニア州に拠点を置く毒物に関する教育研究団体(CERT)は2010年、商品に発がん物質が含まれていることを消費者に告知していないとして、スターバックスなど90のコーヒー小売販売店を提訴していた。

ただ、スターバックスなどカリフォルニア州の多くのコーヒー販売店は、がんや先天異常などをもたらす化学物質の存在が明らかな場合に警告を義務付ける州の条項に基づき、すでに警告ラベルを提示しているという。

CERTの顧問弁護士は、「私のように(コーヒーに)依存している人にとって、警告を表示するだけではさほどの効果はない」と指摘。今回の確定により、ポテトチップメーカーが類似の訴訟で行った対応同様、コーヒー業者もアクリルアミドを含まない商品の開発に取り組む結果につながればと期待を示した。

*カテゴリーを追加します。 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below