for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ジンバブエが独自コイン発行、国民はそっぽ

 1月8日、ジンバブエ準備銀行(中央銀行)は先月独自の硬貨を発行したが、国民は使用を渋っている。写真は先月撮影(2015年 ロイター/Philimon Bulawayo)

[ハラレ 8日 ロイター] - ジンバブエ準備銀行(中央銀行)は、先月独自の硬貨を発行したが、国民は使用を渋っている。

同国では、過去にジンバブエドルを発行したものの、使用されなかったため2009年に廃止した経緯がある。

新硬貨は債券に裏付けられていることから「ボンドコイン」と呼ばれ、南アフリカで鋳造したものを輸入した。米国セントと同等の価値があるが、ジンバブエ国内でしか使えない。

店舗でガムやペンなどを購入する際に使用する目的で導入されたものの、国民の間では、受け取っても使えないとの懸念から使用を拒否する例が続出。路上で受け取りを拒否する相手と怒鳴りあう事態が起こるなどしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up