August 20, 2018 / 3:48 AM / a month ago

米初代大統領の肖像あしらう金貨が競売に、約1.8億円で落札

[ロサンゼルス 16日 ロイター] - ジョージ・ワシントン初代米大統領の肖像画をあしらった1792年鋳造のイーグル金貨が16日に競売にかけられ、170万ドル(約1億8800万円)で落札された。純収益は慈善事業に寄付されるという。

 8月16日、ジョージ・ワシントン初代米大統領の肖像画をあしらった1792年鋳造のイーグル金貨が競売にかけられ、170万ドル(約1億8800万円)で落札された。純収益は慈善事業に寄付されるという。写真は2014年10月撮影の1ドル札(2018年 ロイター/Chris Helgren)

競売を行ったヘリテージ・オークションズは、この金貨は貨幣として流通することはなかったが、独立戦争後に造幣局創設計画が打ち出された際、大統領に贈呈されたと考えられていたと説明した。

造幣局は1792年に認可され、一般流通用の貨幣は1年後、表に自由の女神、裏にゴールドイーグルをあしらった銅と銀で鋳造された。

今回落札された金貨は、表にジョージ・ワシントン大統領の横顔、裏にゴールドイーグルが刻印されており、1942年に私的に購入した故エリック・ニューマン氏のコレクションの中にあったという。ニューマン氏は2017年に106歳で死去。米国で最も貴重なコインコレクションの一つとなる収集を構築した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below