for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米コインベース、14日にナスダック直接上場へ SECが承認

4月1日、暗号資産交換所最大手の米コインベース・グローバルは、計画しているナスダックへの直接上場を巡り、米証券取引委員会(SEC)から承認を得たと明らかにした。写真は2020年4月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

[1日 ロイター] - 暗号資産交換所最大手の米コインベース・グローバルは1日、計画しているナスダックへの直接上場を巡り、米証券取引委員会(SEC)から承認を得たと明らかにした。

直接上場は14日に行われる計画で、ティッカーシンボルは「COIN」。

デジタル通貨を巡っては、主流の金融サービス業界で急速に受け入れが進んでいる。SECの今回の決定は、同資産の合法性を一段と後押しするとみられる。

米クレジットカード大手のビザは今週、暗号資産(仮想通貨)の一種で米ドルに連動するステーブルコインの「USDコイン(USDC)」による決済を認める方針を表明。また、米決済サービス大手のペイパル・ホールディングスも、暗号資産で支払いができるサービスを開始している。

コインベースはブログへの投稿で、SECが1日に同社の株式は有効だとの見解を示したとした。

直接上場では、新規株式公開(IPO)のように事前に株式を売却することはなく、株価は取引所での注文によって決定される。

コインベースは先月の規制当局への届出書類で、3月15日までの第1・四半期の未公開株市場での平均株価が343.58ドルだったとし、数カ月の間に企業評価額が13倍近くとなる約680億ドルに膨らんだと明らかにした。

仮想通貨ビットコインの高騰と歩調を合わせるように、コインベースの企業価値が大幅に高まった様子がうかがえる。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up