January 31, 2019 / 3:26 AM / 6 months ago

コインチェック、10―12月は3億2400万円の税引前損失=マネックス

 1月31日、マネックスグループが発表した決算資料によると、傘下の仮想通貨取引所コインチェックの2018年10―12月期の税引前損益は3億2400万円の損失だった。写真は都内で昨年4月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 31日 ロイター] - マネックスグループ(8698.T)が31日に発表した決算資料によると、傘下の仮想通貨取引所コインチェックの2018年10―12月期の税引前損益は3億2400万円の損失だった。マネックスの傘下入り後、3四半期連続の赤字となったが、新規口座開設の再開で取引量が増え、赤字幅は縮小した。

18年4―12月の税引前損失は11億7200万円。仮想通貨の売買などでトレーディング利益が16億4000万円、出金・送金などに伴う受け入れ手数料が1億6600万円となる一方、人件費や事務委託費などがかさみ、販管費は33億9300万円だった。

マネックスGの松本大社長は同日の会見で、仮想通貨の相場低迷で「ビジネスの環境は良くない」と指摘。「コインのトレーディング以外に、ブロックチェーンや仮想通貨技術を使った新しいビジネスも視野に入れていきたい」と述べた。

米国子会社、トレードステーションの仮想通貨事業参入については、当初想定の今年4―6月期から7月か8月に後ずれするとの見通しを示した。

コインチェックは1月11日、金融庁に仮想通貨交換業者としての登録を認められた。昨年10月には新規口座開設を再開、11月には全ての取り扱い通貨の取引を再開した。

*内容を追加しました。

和田崇彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below