November 13, 2016 / 10:11 PM / in 3 years

コロンビア政府と左翼ゲリラ、内戦終結へ新たな和平合意

 11月12日、コロンビア政府と同国最大の左翼ゲリラ組織、コロンビア革命軍(FARC)は、52年にわたる内戦の終結を目指した和平合意の修正協議で新たに合意したと発表した。写真はFARCの戦闘員。8月撮影(2016年 ロイター/John Vizcaino)

[ハバナ/ボゴタ 12日 ロイター] - コロンビア政府と同国最大の左翼ゲリラ組織、コロンビア革命軍(FARC)は12日、52年にわたる内戦の終結を目指した和平合意の修正協議で新たに合意したと発表した。

双方はキューバでの4年にわたる交渉を経て9月に合意したが、10月の国民投票では、和平合意の内容がFARC側に譲歩し過ぎだとの反対意見が広がり、合意は僅差で否決された。その後、和平合意の修正協議が進められていた。

双方は新たな和平合意について、前回の合意に反対したグループや宗教指導者などの意見を取り入れたと説明。「内戦の悲劇を過去のものとするため、コロンビア全国民と国際社会に対し、新たな合意を受け入れ、その迅速な実施を支持することを求める」との声明を出した。

サントス大統領はテレビ演説で、新たな合意はFARCに全財産の供出を義務づけており、それらは内戦の犠牲者などへの補償に充てられると語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below