Reuters logo
コロンビア大統領、前立せんがんの再発なし
2016年11月22日 / 05:06 / 1年後

コロンビア大統領、前立せんがんの再発なし

[ボゴタ 21日 ロイター] - 前立せんがん再発の疑いで先週検査渡米していたコロンビアのフアン・マヌエル・サントス大統領(65)は21日、検査結果は良好で悪性の腫瘍は発見されなかったが、以前に摘出したものの痕跡をなくすため、薬剤投与と1回の放射線治療を受けると明らかにした。

大統領は、4年前に前立腺がんの摘出手術を受け、成功している。

大統領は、ボゴタのクリニック前で記者団に「医師団も述べているように、この治療は私の毎日の個人的・職業的活動に一切影響しない」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below