January 30, 2019 / 12:54 AM / 3 months ago

コラム:米アップル、アイフォーン不振を救う「方程式」

[ニューヨーク 29日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)は潤沢なキャッシュとサービス事業の好調さが、iPhone(アイフォーン)の直面する苦境を当面は救ってくれる力になっている。

 1月29日、米アップルは潤沢なキャッシュとサービス事業の好調さが、iPhone(アイフォーン)の直面する苦境を当面は救ってくれる力になっている。写真は同社のロゴ。上海で3日撮影(2019年 ロイター/Aly Song)

昨年10─12月業績は事前に伝えられた通り低調だった。5%の減収からは、アップルがもはやiPhoneの販売台数急増もしくは大幅な値上げができるとの期待を持てないことが分かる。

ただサービスの利益率が上向きつつあり、1300億ドルの資本還元を表明しているため、新たな巻き返しの時間は稼げる。

iPhoneの存在が過去十数年でアップルを一変させ、今や収入の6割をもたらすに至ったが、スマートフォン市場は成熟化している。IDCの試算では、今年の世界全体の販売台数の伸びは3%弱にとどまりそうだ。

アップルはこうした流れに逆らって値上げによって増益率を維持しようとしてきた。しかしそれもゲームオーバーの様相が漂う。10─12月にiPhoneから得られた収入は、前年同期比で15%近く落ち込んだ。サンフォード・バーンスタインによると、他社のスマホの平均価格に比べて最高でほぼ5倍に設定したにもかかわらずだ。アップルは販売不振が主に中国で起きたと説明したものの、それは単に「価格ショック」が真っ先に中国を襲っただけにすぎない公算が大きい。

もっともサービス事業の急成長ぶりは幾分の気休めになる。アプリ販売や決済、オンラインストレージなどからの収入は全売上高の13%を占める。さらに利益率は63%と前年同期から5%ポイント近くも跳ね上がった。アップルはより多くの製品をユーザーに売ることで利益を伸ばしている以上、サービス関連収入比率と利益率の上昇傾向は続くはずだ。

とはいえ投資家は、サービス事業がハードウエア販売の落ち込みを穴埋めできるかどうかについて懐疑的に見える。アップル株は昨年10月の最高値からおよそ33%下落し、約3600億ドルの時価総額を消失している。リフィニティブのデータによると、向こう12カ月の予想利益に基づく株価収益率(PER)は12.5倍と、グーグル親会社のアルファベット(GOOGL.O)やマイクロソフト(MSFT.O)の22倍前後を大きく下回る。

このバリュエーションを上向かせるには、アップルが新たな分野で前進しているという証拠が必要になる。端末を使って心臓の異常を検知するといった医療健康事業への取り組み、拡張現実(AR)技術開発を巡る進展などは有望な材料だが、成果を発揮するまで時間がかかるだろう。

一方でアップルが持つキャッシュは余裕を持たせてくれる。10─12月の株主への還元額はこのところの平均より少ないが、同社は今後1300億ドルのネット・キャッシュ・ポジションをゼロにする計画で、大規模な自社株買いが実施されることを意味する。

これは追い風だ。それでもアップルは、新製品を生み出してみせる必要がある。

●背景となるニュース

・アップルが29日発表した昨年10─12月期売上高は843億ドルで、前年同期比5%減少した。利益は200億ドル(希薄化後1株当たり4.18ドル)。前年同期は201億ドル(3.89ドル)だった。リフィニティブがまとめたアナリスト予想は1株利益が4.17ドル、売上高は840億ドル。

・サービス事業の全売上高に占める比率は13%、利益率は63%だった。

・アップルは2日、異例の業績下振れ警告を発した。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below