July 21, 2016 / 3:12 PM / 3 years ago

コラム:アベノミクス「未来への投資」の死角=武者陵司氏

[東京 22日] - 参院選で圧勝した安倍政権は、事業規模20兆円超の総合的な経済対策を、来月2日に閣議決定する方向だと伝えられている。これに対し、一部で「財政を悪化させる」「将来世代に無責任」といった類の反発の声が広がっているようだが、それは筋違いの批判だ。

日本経済は流動性の罠に陥っており、ここで財政支出を拡大しなければ、景気の腰折れで税収は落ち込み、財政の改善は逆に遠のく。将来世代への責任を果たすことも不可能となる。

日本だけの問題ではないが、先進諸国の低成長をもたらしている諸悪の根源は、企業の「レント(棚ぼた的な超過利潤)」だ。グローバリゼーションやイノベーションが進んだ結果、資本と労働の生産性が劇的に上がり、企業は従来に増してレントを得やすくなっている。

本来、儲かったお金が再投資されて拡大循環をもたらせば良いのだが、それが起きていないところに超過利潤時代の経済困難がある。しかも、資本生産性の向上で利潤を得るのに必要な再投資が少なく済むようになっているため、資本のリターンは発散的に膨張し、お金はどんどん退蔵していく。

それが、安全資産という名のキャッシュフローを生まない投資対象(現金、預金、国債)に滞留し、先進国の長期金利を歴史的低水準まで引き下げている。資本のリターンが利潤率と利子率に分かれて両極分化、発散しているのである。

企業の高利潤が実物経済に還流・再投資されないというこの現実は、あたかも「悪徳商人が儲けた小判を地中に埋蔵し、そのおかげで世間に出回る小判が減り、経済活動が悪化していく」という江戸時代にも批判された商業モラルの退廃そのものだ。

資本主義の本質は資本の形態転換による価値増殖の無限の過程というのはマルクスの定理であるが、それにも抵触する。つまり、今はG(貨幣、ドイツ語でGeld)のまま形態転換がなく価値が増殖しない資本運用(現金退蔵、Cash is King)が圧倒的多数となっている。

いかに企業が儲けているとはいえ資本主義の機能不全とも言えるこの状況が放置され続ければ、各国経済は長期停滞の末に破局に導かれるという重大な問題に直面しかねない。

余剰資金の実体経済への還流がなかなか進まないのならば、超金融緩和によって、その余剰分を吸い上げ、金融経済にある程度回し、資産価格を押し上げる――。各国中銀はそこまではっきりとは言わないが、そうした狙いも超金融緩和の背景にはあるはずだ。しかし、緩和の効果も年を追うごとに弱まり、余剰資金の退蔵傾向は強まるばかりだ。

景気の腰折れを招かないためにも超金融緩和の継続は今後も必要だが、それだけではもはや日本経済を押し上げるのは難しい。財政の力も使い、余剰資金の実体経済への還流を本格的に図らなければならない。必要とあらば、時限減税まで視野に入れた、新たなケインズ政策を実行に移すべきタイミングではなかろうか。

<成長戦略の「真の目的」>

余剰資金を実物経済に再循環させる手法はもちろん財政出動だけではない。長い目で見れば、成長戦略も当然必要である。

金融・財政政策の重要性をいつも強調しているせいか、私は成長戦略に否定的なように思われることが多いが、それは誤解だ。私が否定的なのは、特に日本の経済論壇でその傾向が強いと思われるが、「構造改革しなければ財政赤字が増える」といった類の成長戦略論である。そして、成長戦略や改革は当面の痛みを伴う、つまり「先憂後楽」という側面が過度に強調されている。

そもそも、成長戦略とは、今の生活を良くすることが目的であって、将来苦しくならないために行うものではない。日本の経済政策議論は、出発点からやり直す必要があるのではないか。

ライフスタイルの向上という視点から見れば、成長戦略のあるべき姿は全く違うものとなるはずだ。環太平洋連携協定(TPP)や農協改革も大切だが、AI(人工知能)やロボットなどのイノベーションがもたらす異次元の豊かさをどのように国民生活に浸透させていくか、その戦略こそが本来は「第3の矢」の主眼であるべきだ。

例えば、今からそう遠くない未来に、仕事の大半はロボットやAIが行い、われわれはそこから生まれる付加価値を享受する存在となっているのかもしれない。余暇が増え、その分、観光やスポーツ、エンターテインメントといった分野が今よりはるかに大きな産業ポテンシャルを持つ可能性がある。いかにしてライフスタイルを豊かにしていくかといった発想に立てば、財政の使い道も変わってくるはずだ。

また、産業革命期の1830年代の英国で工場法が成立して以来、2世紀近く続く固定労働時間型の働き方も、変わっていくだろう。1919年に国際労働機関(ILO)が設立され、工業的企業における労働時間の上限が1日8時間、1週48時間と定められたが、生産性が10数倍上昇した今日でも、働き方はほとんど変わっていない。過剰労働、過剰利益、余暇と消費の過少というインバランスは、先進国共通の問題になっている。

日本の労働改革には、このインバランス解消の視点が特に必須だろう。実際、労働時間規定の適用を免除するホワイトカラーエグゼンプション制度の必要性などが話し合われている。「イノベーションがワークライフをどう変えるか」という視点を持って、制度改革を進めれば、働き方の多様化はさらに進み、それがイノベーションを促す好循環をもたらすだろう。

安倍首相は今回の経済対策を「未来への投資」と呼んでいる。それならばなおのこと、リニア整備などの箱物投資だけでなく、日本人のライフスタイル向上とイノベーション促進の双方向の好循環をもたらすことに狙いを定めた諸制度の見直し、そして、その目的に合致した財政支出を優先的に行うべきだ。

*武者陵司氏は、武者リサーチ代表。1973年横浜国立大学経済学部卒業後、大和証券に入社。87年まで企業調査アナリストとして、繊維・建設・不動産・自動車・電機エレクトロニクスなどを担当。その後、大和総研アメリカのチーフアナリスト、大和総研の企業調査第二部長などを経て、97年ドイツ証券入社。調査部長兼チーフストラテジスト、副会長兼チーフ・インベストメント・アドバイザーを歴任。2009年より現職。

*本稿は、ロイター日本語ニュースサイトの外国為替フォーラムに掲載されたものです。

*本稿は、武者陵司氏へのインタビューをもとに、同氏の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below