May 30, 2019 / 4:01 AM / 3 months ago

コラム:教育無償化が日本の消費を減らす訳=熊野英生氏

[東京 30日] - あまり良い話ではない。今年10月に消費税率が8%から10%に上がり、同時に幼児教育の無償化が行われると、全体として消費支出が減少する可能性が高い。単に増税が消費を冷え込ませる、という話ではない。

 5月30日、第一生命経済研究所の熊野英生首席エコノミストは、今年10月に消費税率が8%から10%に上がり、同時に幼児教育の無償化が行われると、全体として消費支出が減少する可能性が高いと指摘。写真は滋賀県の保育園。2008年5月撮影(2019年 ロイター/Yuriko Nakao)

この現象は、家計の属性ごとに異なる消費性向が要因となって引き起こされる。勤労者世帯の消費性向は高齢層の方が高く、20─30歳代の若年層は相対的に低い。

10月の消費税率引き上げでは、増収分の一部が幼児教育の無償化に回り、2020年4月からは高等教育の無償化が遅れて始まる。概数で見て、無償化に回せるのは約3割となる見通しだ。

増税によって消費性向の高い高齢世帯に負担を求める一方、より消費性向の低い若年世帯に無償化という間接的な減税を行うと、全般的に消費を抑制して貯蓄を増やすことになってしまう。

確かに、高等教育の無償化の方は低所得層を対象にしており、他の給付金や保険料減免といったこの層へのサポートと合わせ、負担のリバランス効果は部分的に作用する。それでも、全体としては、消費性向の低い勤労者に減税することになるため、総体として消費を抑制しかねない。

<若年世代で増える貯蓄率>

筆者が訴えたいのは、単に算術的にマイナスだから勤労者には減税するなと言うことではない。そうではなく、政府が「増税の一部は無償化で還元するから実質負担は小さい」と説明していることについて、もっと重要な視点を加えて議論したいと考えている。

その視点とは、無償化によって家計に還元される資金が、実際は消費という需要創出に使われず、増税で減ってしまう消費(需要)を減殺できないという問題である。

これは今まで繰り返されてきた景気実感の弱さとも通底する。2014年ごろから賃上げによって家計所得が増えてきたにもかかわらず、一部が貯蓄増に流れてしまい、必ずしも消費を押し上げなかった。

年齢階層別の黒字率(貯蓄率)は、30歳代の上昇が目立ち、12年が31.6%、15年が32.8%、18年が37.9%と、次第に貯蓄に流れる割合が高まっている。他の年齢階層でも、多かれ少なかれ見られる変化である。

つまり、勤労者が容易に消費を増やそうとしない構造をそのまま放置していると、政策的にてこ入れを図っても機能せずに阻まれるということだ。

<年金不安の影>

賃上げの作用が消費性向の低下によって減殺されていることは、これまでもエコノミストの間では広く知られてきた。その一方で、その原因を突き止め、処方箋を描くことは誰もしてこなかった。

その原因について、多くの人は将来不安を挙げる。将来不安とは何を指すのかよく分からないが、多くの人は「不治の病」のごとく感じている。結局、高齢化する未来が厳しいということを誰もが覚悟しているのだろう。

消費性向の低下は、14年ごろから始まった。消費税率を8%に引き上げた時期である。厚生年金の報酬比例部分の支給年齢が60歳から61歳へと引き上げられたタイミングでもある。筆者は後者の影響が大きいとみており、16年度に続き、さらに19年度も引き上げられることを重大に考える。

つまり、年金が65歳まで支払われなくなることへの不安が、勤労者に準備資金を用意させている。勤労者世帯は、将来の年金不足を心配して消費を抑制しているのだ。

それに対する処方箋は何だろうか。年金の支給抑制を停止せよというのは簡単だ。しかし、それでは根本的な年金不安自体は何も変えられない。

<賃上げが処方箋>

このように、将来不安の中身を解読していくことは無意味な作業ではない。おそらく、誰もが年金の抑制は仕方がないと考え、その次にどうするかを見据え始めている。その答えは、年金を受け取りながら長く働かざるを得ない未来を受け入れることだろう。

筆者が大きな問題だと考えているのは、勤労者が長く働き続けることを納得していることに便乗し、年金の支給条件をさらに改悪しようという思惑があることだ。まさしく将来不安を助長するものだ。

より具体的に言うと、「生涯現役」とか、「70歳まで希望者が就労できるように」という耳当たりのいい文句は、その裏側に年金支給をさらに厳しくしようという思惑がちらちらと垣間見える。

実際、厚生年金収支は最近になってようやく黒字化しているにもかかわらず、将来見通しを赤字にし、さらなる年金抑制を考えようとしている節がある。

少し話を広げすぎたかもしれないが、景気を考えるには、私たちの心理を左右する社会保障制度のあり方が実は大きな影響力を持っていることを説明したかったのである。

最後に1つ加えると、将来不安を緩和するには現在の賃金をより高く引き上げるしかない。それがたとえ貯蓄に回ったとしても、社会保障収支の将来見通しは格段に改善されていく。単に今の所得を増やすだけでなく、将来不安を改善する効果がある。

(本コラムは、ロイター外国為替フォーラムに掲載されたものです。筆者の個人的見解に基づいて書かれています)

熊野英生氏

*熊野英生氏は、第一生命経済研究所の首席エコノミスト。1990年日本銀行入行。調査統計局、情報サービス局を経て、2000年7月退職。同年8月に第一生命経済研究所に入社。2011年4月より現職。

(編集:久保信博)

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below