Reuters logo
コラム:北朝鮮有事の円相場シミュレーション=佐々木融氏
2017年4月10日 / 01:30 / 8ヶ月前

コラム:北朝鮮有事の円相場シミュレーション=佐々木融氏

[東京 10日] - 何か突発的な事象が発生し、投資家の不安心理が高まると買われることから、円は「安全通貨」と呼ばれることがある。しかし、このコラムでも何度か指摘したように、円は「安全通貨」などではない。

有事の際に円が買われるのは、円が「安全通貨」として選好されているのではなく、投資家がポジションを閉じることによって買い戻されているのだ。

世界の投資家が為替市場でリスクを取る場合、投資したい通貨と、売りたい通貨をある程度自由に選べる。そして通常、投資家がリスクをより大きく取りたいと思うのは、市場が安定している局面、つまりボラティリティが低い時になる。そのような局面では通常、市場の動きは限定的なものにとどまっている。要するに、市場の変動で利益を得ることが難しい。だから金利差が注目されることになる。

金利差が注目された時、投資家が投資したいと思う通貨は高金利通貨、売りたいと思う通貨は低金利通貨となる。円はこうした時に売りたいと思う通貨の筆頭となる。円の短期金利は極めて低く、当面上昇する可能性は低い。かつ、市場は大きく、流動性が潤沢にある。さらには当局の円安志向が強く、本邦投資家の対外投資による円売りも期待できる。

だから、こうした環境下では、市場に短期的な円売りポジションが積み上がる。よくシカゴ先物市場のポジションが話題になるが、それは氷山の一角でしかない。世の中が安定している時には、円を売って、高金利通貨を買うというポジションが世界中で大きく積み上がることとなる。

そうした時に、有事が発生し、投資家の不安心理が高まり、市場のボラティリティが上昇すると、投資家はポジションを閉じることを余儀なくされる。ポジションを持っていると、市場が大きく動いた時に、たまたま利益を上げることもできるかもしれないが、逆に大きな損失を被ってしまうこともあるからだ。

それゆえに、何か不穏な動きが発生した時に、投資家が真っ先に取る行動はポジションを最小限にすることとなる。これが、有事の際に、円が買い戻されるメカニズムだ。

時々、筆者がこうした説明をすると、「そうは言っても、日本で有事が発生した場合には、円を買い戻すのではなく、米ドルを買った方が良いのではないか」などと質問される時がある。

しかし、例えば、円を売って、豪ドルを買うポジションを持っていた投資家が、豪ドルを売って、米ドルを買ってしまったら、単に円売り・米ドル買いポジションが残ってしまうだけだ。これではポジションを閉じたことにはならない。だから、たとえ日本で有事が発生しようとも、円売りポジションを保有している人は円を買い戻す必要がある。

2011年3月の東日本大震災の時を思い出してもらえれば明らかだろう。日本であれだけの大惨事が起きたのに、円は対ドルで、地震発生から6日後には発生前と比べて8%程度も急騰した。

仮に北朝鮮で有事が発生した場合、地理的に日本と極めて近いことから、今度は円は売られるのではないかとの声もしばしば耳にするが、東日本大震災の時と同じく、円は買い戻されるだろう。

<有事の円買いに3段階のシナリオ>

さて、ここで有事の際の円買い戻しについて、もう少し細かく分析・検討してみたい。というのも、有事の際の円買いについては、3段階くらいに分けて考える必要があると思われるからだ。

第1段階は、これまでの「有事の際は円買い」との経験則から、有事発生直後の円買いは、投機的な円ロングポジションを造成する動きと考えられる、ということである。7日のシリア攻撃の報道が流れた直後の円高は恐らくほとんどがこうした投機的な円買いだったのではないだろうか。だから、続報がないと円は売り戻されるのだ。

第2段階は、世界の投資家がこれまで積み上げてきた短期的な円売りポジションが巻き戻されるような事態だろう。東日本大震災から数日後に急速な円高が進んだ背景には、こうした円売りポジションの巻き戻しがあったと考えられる。この時は福島原発事故に対する懸念が高まる中で急速に円高が進んだ。つまり、発生した事象が世界経済に甚大な影響を与えるほどの重大事象になるとの認識が高まると、数日以内に世界の投資家がポジションを閉じ始め、本格的な円高が発生するものと考えられる。

第3段階は本邦企業・投資家による海外投資に対するヘッジ、ないしはリパトリ(資金の本国還流)の動きだ。日本のように政治的にある程度安定している国では、有事の際に企業、投資家、国民が自分の資金を海外に逃避させようとする動きは相当な事態にならないと発生しない。それはほとんどの日本人が日本で生きていくことを前提に行動するからだ。

日本で生きていくことが前提の場合、必要なのは円キャッシュになる。したがって、本格的に日本経済・世界経済の情勢が怪しくなり、企業であれば自社の今後の売り上げ・利益、個人であれば自分の今後の収入に不安を覚えた場合、日本で必要な固定費を支払うために海外資産を取り崩し、日本に戻すという行動に移るか、少なくともリスクを抑えるように為替リスクをヘッジする行動を取る。

例えば、2007年から2009年にかけて続いた米金融危機の際には、こうした動きが象徴的に見られた。いうまでもなく、この時は世界経済が大きく落ち込み、2007年6月から2009年1月までの約1年半の間に、最強通貨となった円は主要通貨の中で2番目に強かったスイスフラン、3番目に強かった米ドルに対しても20%超上昇した。

日本は世界最大の対外純資産国だ。昨年末時点の対外資産は1003兆円、対外負債は645兆円で、純資産は358兆円に上る。だから日本人が本格的に為替リスクを避け、手元に円キャッシュを置いておこうと考えた時の円買い圧力は大きなものとなる。

ちなみに、アベノミクス下の過去4年間、日本の企業、投資家は70兆円近くの円売りポジションを新たに積み上げたと推計される。本格的に対外資産のヘッジ、リパトリの動きが始まった時の円買いの動きは相当大きなものになると考えられる。

こうした3段階の動きを前提に考えれば、北朝鮮有事の際の円相場の動きも予想しやすくなるのではないか。混乱や動揺が結局、短期間で終わるようなものならば、円高の動きは恐らく1日で終息するだろう。

もっとも、投資家心理を相当程度冷やしてしまうほど、経済に懸念を与えるような事象となるのであれば、期間は1カ月程度だったとしても、それなりに大幅な円高が発生する可能性がある。もし数年単位で世界経済に打撃を与えるような事象に発展するのならば、かなり長期間にわたって円高基調が続くことになるだろう。

*佐々木融氏は、JPモルガン・チェース銀行の市場調査本部長で、マネジング・ディレクター。1992年上智大学卒業後、日本銀行入行。調査統計局、国際局為替課、ニューヨーク事務所などを経て、2003年4月にJPモルガン・チェース銀行に入行。著書に「インフレで私たちの収入は本当に増えるのか?」「弱い日本の強い円」など。

*本稿は、ロイター日本語ニュースサイトの外国為替フォーラムに掲載されたものです。

(編集:麻生祐司)

*本稿は、筆者の個人的見解に基づいています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below