Reuters logo
コラム:米GEが「物言う投資家」を受け入れた理由
October 10, 2017 / 2:04 AM / 2 months ago

コラム:米GEが「物言う投資家」を受け入れた理由

Richard Beales

 10月9日、ジェフ・イメルト前ゼネラル・エレクトリック(GE)会長の後任であるジョン・フラネリー氏も、まだGE株への投資熱を呼び覚ますことはできないようだ。GEが物言う投資家ネルソン・ペルツ氏率いるトライアン・ファンドの最高投資責任者エド・ガーデン氏を取締役に就けるのはそのためだろう。写真はGEのロゴ。メキシコのサン・ペドロ・ガルサ・ガルシアで5月撮影(2017年 ロイター/Daniel Becerril)

[ニューヨーク 9日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米ゼネラル・エレクトリック(GE)(GE.N)の株主は、ジェフ・イメルト前会長の長い在任期間中に得るところが少なかった。イメルト氏の後任として時価総額2000億ドルの「巨艦」、GEのトップを率いるジョン・フラネリー氏も、まだGE株への投資熱を呼び覚ますことはできないようだ。GEが物言う投資家ネルソン・ペルツ氏率いるトライアン・ファンドの最高投資責任者エド・ガーデン氏を取締役に就けるのはそのためだろう。

ペルツ氏の取締役会入りに抵抗するプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)(PG.N)とは対照的だ。

イメルト氏は、ペルツ氏が2015年にGE株を取得する以前からペルツ氏との話し合いに着手していた。フラネリー氏はGEでの職歴が長いとはいえ、8月に最高経営責任者(CEO)に就任したばかり。フラネリー氏は先週、一連の幹部人事を発表して耳目を集めた。

フラネリー氏は、経験豊富なガーデン氏から得るもの多いだろう。ガーデン氏はペルツ氏の右腕にして義理の息子であり、何年にもわたって多数の企業の取締役を歴任し、経験を積んできた。

GEにとって課題の1つは、投資家に対してGE株の魅力を高めることだ。イメルト氏は世界金融危機時にGEのアキレス腱となった金融部門GEキャピタルを売却するなど、さまざまな経営戦略に手を付けた。しかし在任期間中の株主リターンはわずか6%にとどまった。GEの一連の幹部人事発表を受けて9日にGEの株価が下落した株式市場の動きからは、投資家の受け止め方が透けて見える。

GEがガーデン氏を取締役会に迎えるのは新しい考え方を求めたのが一因で、目新しい発想はGEにとって役立つだろう。

一方、時価総額2350億ドルのP&Gの思考は異なる。10日の年次株主総会ではペルツ氏の取締役就任の是非を問う株主投票が行われる。P&Gは株価が、GEほどではないにしろ他の銘柄に対して出遅れ、取締役会には新しい視点が必要とされるところだが、ペルツ氏の取締役会入りに反対している。

トライアン・ファンドのGEの持ち株比率は1%弱、17億ドル相当で、P&G株の保有も1.5%、35億ドル程度にすぎない。物言う投資家であろうがなかろうが、この程度の持ち株比率では取締役会に人材を送り込むに値しない。またGEとP&Gはどちらも経営の修復が容易ではない。

しかしペルツ氏やガーデン氏は、これまで企業トップに自らの価値を証明してきた実績がある。こうした企業トップの一部は、当初はペルツ氏らの受け入れに乗り気でなかった。

フラネリー氏は手助けを必要としており、実際に助けを借りようとしている。P&Gのデービッド・テイラーCEOにその気はないが、株主は翻意を願っているだろう。

●背景となるニュース

    *GEは9日、物言う投資家トライアン・ファンド・マネジメントの共同創業者兼最高投資責任者(CIO)のエド・ガーデン氏を取締役に起用した。

    *GEによると、ガーデン氏はロバート・レーン氏の後任となる。レーン氏は農機大手ディアの元トップで、今回健康上の理由で退任する。

    *トムソン・ロイターのデータによると、物言う投資家ネルソン・ペルツ氏が率いるトライアン・ファンドはGEの約0.8%株を保有し、GEに対して利益の改善を迫っている。

    *GEはジェフ・イメルト会長が2日に予定を繰り上げて退任し、ジョン・フラネリー最高経営責任者(CEO)が職を継いだ。フラネリー氏は8月1日付でCEOに就任していた。

    *GEは6日、他の幹部人事も公表。ボーンスタイン最高財務責任者(CFO)兼副会長が職を退き、ジェイミー・ミラー氏が後任となるほか、他の副会長2人も年末に退任する。

    *筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

    *このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below