Reuters logo
コラム:香港デモが突く中国政府の「泣き所」
2014年10月2日 / 04:37 / 3年前

コラム:香港デモが突く中国政府の「泣き所」

John Foley

 10月1日、中国政府には、香港で起きているデモを恐れる十分な理由がある。写真はデモ参加者(2014年 ロイター/Carlos Barria)

[香港 1日 ロイターBreakingviews] - 抗議デモというものは往々にして平和的に始まるが、徐々に過熱し、時として暴徒化する。しかし、香港の民主化要求デモはここまでのところ、そうした定石を覆している。

民主的選挙の実施を求めるデモ参加者は、9月29日には警官隊から催涙ガスなどを浴びせられたが、翌日には、ある種和やかとさえ言える雰囲気に落ち着いた。中国政府にとっては、むしろその方が神経を逆なでされる状況かもしれない。

数万人のデモ参加者の中にいると、抗議活動というより、まるで音楽フェスティバルにいるかのように錯覚する。2017年の次期行政長官選挙の完全民主化を求めるデモ参加者は、多くが20代もしくはそれ以下の若い層で、一部には学校の制服姿も見られる。ボランティアたちは、お菓子や飲み物を配っており、デモ初日のような騒乱の兆候は一切ないが、催涙ガス対策としてゴーグルも用意している。また、新たなデモ参加者には人が多すぎる場所を避けるようガイドしたり、挑発されても冷静に対処する方法などを記した手書きのパンフレットも手渡している。

いつ誰が暴徒化してもおかしくない状況で冷静なデモを続けるには、戦略が必要だ。非暴力論の提唱者たちによれば、中国のような強力な政府と対峙する唯一の方法は、計画と訓練で冷静さを保ち、善意の力で敵を倒すことだという。

筆者は今回のデモの共同発起人の1人、香港大学の戴耀廷(ベニー・タイ)氏と2013年に会ったが、彼の本棚は市民的不服従運動に関する学術書で埋まっていた。インド建国の父マハトマ・ガンジーのことは当然ながら、戴氏は「ウォール街を占拠せよ」に大きな影響を与えた非暴力抵抗運動の第一人者ジーン・シャープ氏のことも研究していた。

ある意味、香港は平和的デモを行うには理想的な場所だ。秩序があって比較的安定しており、住民は当局がバランスの取れた対応をすると大筋で信用している。戴氏は「中国人らしさ」が果たす役割も強調する。「ウォール街を占拠せよ」などのデモが失敗に終わった要因の1つはリーダーシップの欠如だが、一方で今回の香港のデモを計画した学者らは、1人のリーダーが突出するのを避けようとした。リーダーが明確になった場合に中国政府に狙われるのを懸念したからだ。

今回のデモで最も印象的なのは、秩序ある行動が自然発生的であることだ。一部は事前に準備されていたにせよ、デモ参加者同士の協力の多くは当意即妙で行われており、主催者の1人によれば、経験豊富な人たちがその場でさまざまなことを教えているという。必要な物資は、ソーシャルネットワークなどを通じて調達されている。

<非暴力的な抗議>

香港のデモに中国政府がどう対応するかについては憶測が絶えない。しかし、政府当局の対応は主として内向きであり、外向きではない。デモに関する情報は、中国本土からはほとんどうかがえないままだ。写真共有アプリ「インスタグラム」はブロックされており、中国メディアは今回のデモをほぼ無視している。一方で共産党の機関紙「人民日報」は、学生たちがデモ参加を「強要」されていると非難した。

驚くには値しない。中国政府には、香港で起きていることを恐れる十分な理由がある。暴力的なデモのイメージも確かに歓迎されないが、平和的かつ組織的なデモの方がはるかに説得力を持つからだ。平和的デモは、強圧的な鎮圧も難しい。催涙ガスの使用はデモ参加者を増やしただけだ。1989年の天安門事件の苦い記憶をひきずっている共産党指導部にとって、それは避けたいことの1つだ。

暴力的騒乱の恐怖をあおることは、中国政府の武器でもある。多くの人にとって、社会の騒乱といえば、今も文化大革命に結びついている。社会が混沌状態に陥ることへの恐怖は広く浸透している。

しかし、香港で今起きていることは、騒乱イコール混沌という考えが間違いであることを示している。実際デモ参加者にとって最大の危険は、時折降る雨でびしょぬれになることぐらいだ。当初は手荒な手段に出た警察が自制していることも大きい。中国政府がこうした映像を本土市民から遠ざけておきたいと思うのは想像に難くない。

大きな疑問は、今回のデモで何が達成できるかだ。中国政府が完全民主化要求の圧力に屈するとは考えられない。

香港で行われているデモの最大の障壁は恐らく、何をもって成功とするかの明確なプランがないことだろう。市民の関心が弱まって徐々に勢いを失うか、群衆が散り散りになるかもしれない。ただ、社会運動を感情的だが平和的に、破壊的だが協調的に行えるという現実を中国政府に突きつけることで、何らかの歴史的足跡を残すだろう。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below