Reuters logo
コラム:革新もたらすIT企業は「政府の敵」か
2017年9月29日 / 06:24 / 2ヶ月前

コラム:革新もたらすIT企業は「政府の敵」か

Peter Apps

 9月27日、ほとんど全ての業界をこの10年貫いてきた共通の糸が1本あるとしたら、それは、一握りのテクノロジー企業がいかに世界中のビジネスに革新をもたらしてきたか、ということだろう。写真は米配車サービス大手ウーバーのアプリ。ロンドンで22日撮影(2017年 ロイター/Toby Melville)

[27日 ロイター] - ほとんど全ての業界をこの10年貫いてきた共通の糸が1本あるとしたら、それは、一握りのテクノロジー企業がいかに世界中のビジネスに革新をもたらしてきたか、ということだろう。

グーグルは情報へのアクセスに、ツイッターは意見やニュースの共有に、フェイスブックは友達との交流に、アマゾンは買い物に、Airbnb(エアービーアンドビー)は宿泊に、ウーバーは移動に革命を起こした。

比較的最近まで、ほとんどの消費者や政府は、これをポジティブな傾向と受け止めていた。納税や規制当局の要請に対するこれら企業の消極的な姿勢など、限られた問題を巡る議論はあったものの、このような企業は一般的に、経済と雇用機会にとって良いものと見なされてきた。如才ないロビー活動や広報活動により、シリコンバレーのIT起業家たちは政治家や市民社会から歓迎された。

だが、それは変わりつつある。

英ロンドン交通局によるウーバー・テクノロジーズの営業免許取り消しは、政府とテクノロジー企業のあいだで急速にエスカレートしている戦いの中の、広範な揺り戻しの一端にすぎない。テクノロジー企業は力を持ち過ぎるようになり、ルールと民主主義的権力を軽視するようになったと、政府は考えている。

ウーバーとその最大のライバルであるリフトは昨年、ドライバーの指紋採取を拒否し、米テキサス州オースティンから撤退させられた。サンフランシスコとオークランドでは2013年、グーグルやアップルなどIT大手の社員用バスが、法律に違反して公共のバス停を使用し、抗議する人たちに行く手を阻まれた。

他の都市も注意深く見守っている。ニューヨーク市の規制当局は25日、ウーバーに対する独自調査の実施を検討していると発表した。特に、同市のタクシー業界への影響を調べる方向という。

政治の世界におけるテクノロジー企業の見方も変化している。

民主化運動「アラブの春」の後、多くの西側諸国、とりわけ当時の米オバマ政権は、世界の民主化に貢献しポジティブな影響力を世界に与えているとして、テクノロジー企業を高らかに称賛した。

だがその後、同じプラットフォームにより欧州の極右政党が台頭したり、米大統領選でドナルド・トランプ氏陣営が勢いづくと、そうした認識は崩れた。米議会の圧力を受け、フェイスブックは、昨年の米大統領選前後に掲載されたロシアに関係する政治広告3000件について、自主的に情報を共有すると表明した。

そのようなチェックの強化は始まりにすぎないかもしれない。西側の政治システムに激しい変化を引き起こしているとして、フェイスブックやツイッターのような企業がやり玉に挙げられる機会が増えている。自動的に発言するボットや強硬派による乗っ取りを許し、政治を先鋭化させたり、時に過激な思想を拡散させているとして非難されているのだ。

今やテクノロジー企業に近づきすぎると、政治的な危険に直面することにもなる。グーグルの資金を喜んで受け入れた米シンクタンクは現在、同社や他のテクノロジー企業に批判的な議論を抑制しているとして非難の的となっている。

また、雇用の機会を拡大するのではなく、喪失させているとの批判も高まっている。アマゾンの成功は、米国内外で多くの小売店舗を閉鎖に追い込み、専門家が「小売り業界の終わりの日」と呼ぶ状況を招いた。

厳しく管理されているタクシー業界にとって、ウーバーが「毒」であることも実証された。特に、ロンドンで有名な黒いタクシーの運転手が直撃を受けた。彼らの政治家への積極的なロビー活動が、ウーバーの営業免許取り消しをカーン市長に決断させた要因の1つとみられている。

この決断は直ちに論争を呼んだ。規制当局やドライバーの権利を無視し、ドライバーによる性的暴力が報じられるなど批判は数多くあるものの、ウーバーが利用者の移動コストを大きく引き下げたのは事実だ。また、雇用の安定にはほど遠いが、世界中で多くの雇用機会を生み出している。ロンドンでの営業免許取り消しの撤回を求めるウーバーの嘆願書にはすぐに60万人の署名が集まった。

テクノロジー企業は、このような騒ぎには慣れっこだ。なかでもフェイスブックやグーグル、ツイッターは、ロシアや中国、中東諸国などの比較的独裁的な国で運営を始めてから、ずっと政府ともめてきた。こうした国々の権力者は、素早く簡単に情報にアクセスできるサービスを脅威に感じている。アクセスが完全に遮断されることもある。

これらの企業の多くについて、どこまで自分たちのやり方を押し通せるか、図に乗って試しているだけ、との見方が急速に強まっている。

確かに、テクノロジー企業にとってバランスの取り方は難しい。グーグルやアップルなどは長いあいだ、過剰に介入的とみなした当局のアクセス要請から利用者のデータを守っているとの自負を持ってきた。何が正しくて何が誤りかは、時に議論の余地がある。一方で、これら企業による納税状況のように、もっと単純明快だと政府などが考える問題もある。

多くの点で、ウーバーとエアービーアンドビーは、意図的に合法ラインのギリギリの運営を追求した悪質な企業の例と見られている。

タクシー業界の規制がすでに厳しいロンドンでは営業に免許が必要である一方、多くの他の都市において、ウーバーとそのドライバーは既存の免許制度に縛られずに営業している。エアービーアンドビーは、短期間の賃貸を明確に禁じている都市で部屋を提供している。

両社のビジネスモデルは、現地の規制の抜け道を探すか、完全に無視するかで成り立っている。当局側に、取り締まりを実施する能力、あるいはその政治的意志が欠如しているように思えることもある。

ロンドンのウーバー免許取り消しは、テクノロジー企業との戦いにおける、これまでで最も重要な展開だろう。だからといって、同社が街から完全に消えてしまうことを必ずしも意味するわけではない。同社は不服を申し立てており、最終的な判断が出るまで営業を続けることができる。最も可能性が高いのは、容易ではないだろうが、同社と規制当局が何らかの合意に至ることだ。

ウーバー側は妥協する兆しを見せている。ウーバーのダラ・コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)は25日、変わる必要があると自社が認識していると、反省の念をしたためた書簡をロンドン当局に送っている。カーン市長はそれを歓迎し、問題解決に向けた協議に支持を表明した。

しかし、新星のごとく頭角を現した野党労働党のカーン市長が示しているのは、ウーバーが営業できるのは、当局が許可した場合のみ、ということである。ウーバーは、根本的に代替可能だ。実際に、雇用面と安全面でより優れた新興ライバルが取って代わる可能性もすでに出てきた。米テキサス州オースティンでは似たようなことが起きた。同州でウーバーとリフトは5月に営業を再開したが、両社の競争相手は増加している。

巨大テクノロジー企業はこの世からなくなりそうもない。政府も地方自治体も、たとえそれらが民主的に選ばれていようがいまいが、なくなりそうもない。

自動運転車や無人店舗、人工知能(AI)など、今後新たなテクノロジーが続々と登場するが、多くは同じ大手企業に支配されている。

戦いは激しくなる一方だろう。

*筆者はロイターのコラムニスト。元ロイターの防衛担当記者で、現在はシンクタンク「Project for Study of the 21st Century(PS21)」を立ち上げ、理事を務める。

*本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below