Reuters logo
コラム:次期NY連銀総裁に必要な「アメとムチ」
2017年11月8日 / 02:29 / 12日後

コラム:次期NY連銀総裁に必要な「アメとムチ」

[ワシントン 6日 ロイター BREAKINGVIEWS] - ニューヨーク連銀は、金融監督において強力な役割を果たすことができる次期総裁が必要だ。現総裁としてドイツ銀行(DBKGn.DE)やゴールドマン・サックス(GS.N)といった大手行の日々の監督を指揮してきたウィリアム・ダドリー氏は、来年半ばに退任する。

 11月6日、ニューヨーク連銀は、金融監督において強力な役割を果たすことができる次期総裁が必要だ。写真は、来年半ばに退任するダドリー現総裁。ロンドンで3月代表撮影(2017年 ロイター)

中央政界が金融規制緩和を志向する中で、ダドリー氏の後任は、銀行の行動をただす取り組みの最前線に立つことになるだろう。

次期総裁の人選は、2つの面で重要な意味がある。1つは政治任用ではないということ。米連邦準備理事会(FRB)の本部理事と異なり、ニューヨーク連銀総裁は同連銀の理事会が選ぶ。また理事のうち、金融サービス業界出身者は選定作業から外される。後任探しを主導するのは、フリーランス労働者の権利擁護団体を創設したサラ・ホロビッツ氏になるとみられる。最終的にはFRB本部理事会の承認が必要だ。

もう1つ大事なのは、ニューヨーク連銀が大手行に「飴」ないしは「ムチ」を与える大きな力を持っていることだ。FRB本部理事はルール策定権限を有するが、ニューヨーク連銀は傘下に数百人の検査官を抱え、彼らが日々の監督業務を行って、法令順守や企業統治に関する問題で改善措置を講じるよう要求できる。数年前、ドイツ銀にシステムとリスク管理の全面的な改革を命じたのはニューヨーク連銀だった。

ダドリー氏の体制下でニューヨーク連銀は、金融業界に近すぎると批判されてきた側面もある。元検査官のカーメン・セガラ氏はゴールドマン・サックスの利益相反行為を見逃すよう上司から圧力を受け、これを拒否したため解雇されたと主張し、連銀を訴えた。この訴訟は2015年にセガラ氏側が敗訴したが、一部の議員はかねてからニューヨーク連銀と民間金融機関の間でキャリアを行ったり来たりする慣習を問題視している。

一方、トランプ大統領が金融規制緩和を強く提唱している現状でも、ニューヨーク連銀の検査官は依然として厳格な姿勢を維持している、と複数の銀行幹部は話す。ニューヨーク連銀こそが銀行の危険な行動に関する最初の警戒信号を見つけ出す可能性があるだけに、そうした姿勢は勇気づけられる。ダドリー氏は、銀行の内部カルチャー改善も優先課題の1つに挙げてきた。中央政界が銀行の自己勘定取引を禁止するボルカー・ルールや年次ストレステスト(健全性審査)などを緩める方向に動けば動くほど、銀行に緊張感を持たせ続ける任務はますます次期ニューヨーク連銀総裁の双肩にかかってくるだろう。

●背景となるニュース

*ニューヨーク連銀は6日、ダドリー総裁が来年半ばに退任すると発表した。任期が満了する2019年1月よりずっと前に十分な後任の態勢が整うようにタイミングを調整したと付け加えた。

*後任はニューヨーク連銀理事会が選び、FRB本部理事会の承認が必要となる。

*ダドリー氏は09年1月に総裁に就任し、連邦公開市場委員会(FOMC)の副議長兼常任メンバーとして政策運営に携わってきた。ニューヨーク連銀入りする前は、ゴールドマン・サックスのチーフエコノミストだった。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below