September 18, 2016 / 2:28 AM / 3 years ago

コラム:長生きするペットたち、幸せ与える5つのヒント

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 人間だけが長生きだと思うなら、米ジョージア州アトランタに住むシーズー犬「ウィロウビー」を見てほしい。現在18歳、人間で言えば、軽く100歳を超えている。

 9月13日、ペットの健康に関するリポートによると、犬の寿命は平均11.8歳。2013年の11歳、2002年の10.5歳から延びている。米カリフォルニア州で1月撮影(2016年 ロイター/Mike Blake)

これは珍しいことではない。

全米で動物病院を展開するバンフィールド・ペット・ホスピタルが今年発表したペットの健康に関するリポートによると、犬の寿命は平均11.8歳。2013年の11歳、2002年の10.5歳から延びている。

猫の寿命はさらに長く、平均12.9歳で、人間の70歳程度に相当する。こちらも、2013年の12.1歳、2002年の11歳から平均寿命が延びている。

「犬の寿命はかつて6、7歳と考えられていたが、最近では大型犬で15、16歳、小型犬なら20歳まで生きる場合もある」と、「My Old Dog: Rescued Pets With Remarkable Second Acts(原題)」の著者であるローラ・コフィ氏は話す。

寿命のより長い小型犬が好まれる傾向にあると、獣医師で前述のリポートの作成責任者であるカーク・ブロイニンガー博士は指摘する。

博士によると、「ペットの健康に関する知識」が増えていることがペットの寿命が延びている主な要因で、ペットに健康診断や投薬を行う機会が増えているという。以前なら、病気を患う年老いたペットは、ただ安楽死させられることもあった。

栄養状態が向上したことも一役買っている。調査会社ユーロモニター・インターナショナルによると、よりヘルシーだと一部で思われているプレミアム・ペットフードは現在、米市場の半分以上を占めている。

米ペット製品協会によると、2015年に米国人がペットの世話に投じた総額は、史上最高の600億ドル(約6兆1320億円)に上った。

このような話は、冒頭に登場した18歳のシーズー犬、ウィロウビーの飼い主で、ファイナンシャルプランナーのニブ・ペルサウドさんに改めてする必要はないだろう。彼女は、ウィロウビーのドライアイ、腰の関節炎、心雑音の薬代として毎月約100ドル支払っている。

飼い主はペットの世話で破産する必要はないが、高齢化による追加費用を認識し、手遅れになる前に起こり得る健康問題に備える必要がある。そして、将来必ず生じるであろう出費を最小限に抑える方法を考えなくてはならない。

以下にそのヒントをいくつか挙げる。

●予防ケアに積極的に取り組む

まさに人間と同じように、健康維持プログラムは将来、深刻な(そして費用のかかる)健康問題を予防する一助となり得る。例えば、犬の心臓に寄生するフィラリア予防薬を幼年期から投与することは、寿命が延びるかもしれない方法の1つだと、ブロイニンガー博士は言う。

猫の腎臓病など、病気をすばやく特定できれば、寿命を延ばして生活の質向上につながる療法食を与えることができる。

●保険に加入する

ブロイニンガー博士によれば、高齢犬がかかる病気には、関節炎やがん、糖尿病や甲状腺疾患など数多い。

保険に入っていれば、そうした治療費の負担を軽くすることが可能だ。北米ペット健康保険協会によると、米市場では2015年、保険料の合計は6億8880万ドルで、140万匹のペットが加入していた。

●歯の手入れを甘く見るな

飼い主はペットの歯磨きについてあまり考えていないようだが、高齢犬の多くは歯に問題を抱えていると、コフィ氏は語る。歯痛のひどさを思い出して、自分のペットもどれだけつらいか考えてほしい。専門医による歯のクリーニング、必要なら抜歯をすることも検討すべきだ。苦しんでいるペットの「世界が一変」するかもしれない。

●住環境を改良する

高齢になった親のためにするように、高齢犬にとって快適で安全な家にしてあげるよう、コフィ氏はアドバイスする。滑ったり転倒したりしやすく、関節に悪いフローリングやタイルの床に、ゴムマットや敷物を敷いてあげるのも1つの手だろう。

●高齢犬の里親になる

ますます多くのペット保護施設が、高齢犬を温かい家庭に受け入れてもらえるよう力を尽くしている。譲渡の一貫として、健康診断や処方薬の費用を支援してくれる施設もある。

「高齢のペットを引き取るのを恐れないで」と、10歳のラブラドールレトリバー「マニー」と、12歳のローデシアンリッジバック「フリーダ」と暮らすコフィ氏は言う。「追い詰められた小さな生き物の生活に、とても大きな変化をもたらすことができるのだから」

*筆者はロイターのコントリビューターで、個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below