May 9, 2018 / 4:38 AM / 6 months ago

コラム:イラン核合意離脱、トランプ氏が払う「自滅的な代償」

[ロンドン 8日 ロイター BREAKINGVIEWS] - トランプ米大統領は、アメリカの足元に向けて複数の銃弾をぶっ放した。大統領は5月8日、英仏独中露と2015年に締結したイラン核合意から離脱し、合意の一環として解除されていた対イラン制裁を再開すると表明した。

 5月8日、トランプ米大統領(写真)は、アメリカの足元に向けて複数の銃弾をぶっ放した。ワシントンで撮影(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)

大統領選の公約に固執して、重く、自滅的な代償を払うことになるだろう。

懲罰的な経済制裁の緩和と引き換えに、イランの核兵器開発能力を中期的に制限するという同合意の内容は、概して妥当なものだった。米国が第3者にもイランとの取引を効果的に禁じたいわゆる2次制裁の解除によって、イランでは2017年、石油輸出は日量約100万バレルから倍増し、国内総生産(GDP)成長率は4%に上昇した。2015年の同成長率は縮小していた。

ただし、イエメンやシリア、レバノンの混乱に資金提供するさらなる余裕をイランに与えたとの批判の声も出ていた。

トランプ氏の離脱表明がどの程度、政策に反映されるかはまだ分からない。だが2011年に同様の厳しい制裁が科された後、イランの石油生産は3分の1減少し、対外投資とGDPも落ち込んだ。

欧州連合(EU)や中国、ロシアに対し、イランとの取引停止を迫るトランプ氏の戦術の強硬シナリオが実現すれば、2018年のイランGDP成長率を4%からマイナス1.2%に後退させ、50万人の雇用を奪いかねないと、オックスフォード・エコノミクスは試算している。

穏健派のロウハニ大統領が、核政策強化を求める強硬派に対する影響力を失う可能性もある。

イラン産原油の大半を輸入する欧州・アジア各国が、トランプ氏に抵抗して輸入を続け、緩衝材の役割を果たす可能性もある。しかし、ドイツ、英国、フランス(同国の石油大手トタル(TOTF.PA)は2015年以降、すでにイランと取引を再開している)は、米同盟諸国に気をもむことになるだろう。人口8000万人を抱える国への投資を続けるべきか、それとも制裁を被ることを恐れて撤退すべきか、これらの国の企業には判断がつかないだろう。

米国による離脱は、世界石油市場の努力をも台無しにする。堅調な需要と余剰生産能力の削減により、原油価格はすでに1バレル当たり75ドル(約8200円)近辺で取引されている。米離脱により、価格はさらに跳ね上がる可能性がある。その一方で、米国の石油業者による生産量は好調で、かつてほどの影響はないかもしれない。

主要産油国のサウジアラビアは原油価格の上昇を望んでいるが、トランプ氏は下落を希望していると示唆している。石油を購入する世界中の消費者も価格上昇は望まないだろう。

今回の離脱表明は、たった1日の仕事としては見事なほどの大混乱を引き起こしている。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below