Reuters logo
コラム:米小売り大手の業績回復期待は当て外れか
2017年5月26日 / 05:25 / 6ヶ月後

コラム:米小売り大手の業績回復期待は当て外れか

[ニューヨーク 25日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 25日に発表された米小売り大手シアーズ・ホールディングス(SHLD.O)、アバクロンビー・アンド・フィッチ(ANF.N)、ベスト・バイ(BBY.N)の決算は、軒並み堅調な数字となり、小売り大手の業績回復期待が高まった。株式市場では消費関連株が買われ、S&P総合500種とナスダック総合の両指数は終値として過去最高を更新した。

 5月25日、シアーズやベスト・バイなど米小売り大手の決算は軒並み堅調で、業績回復期待が高まった。ただ、前日に発表された宝飾大手ティファニーの四半期決算に目を向けると、業界好転の期待は当て外れかもしれないことがわかる。カリフォルニア州のベスト・バイ店舗で3月撮影(2017年 ロイター/Lucy Nicholson)

ただ、前日に発表された宝飾大手ティファニー(TIF.N)の四半期決算に目を向けると、業界好転の期待は当て外れかもしれないことがわかる。

25日に発表されたシアーズの第1・四半期決算は、約2年ぶりに黒字転換を果たした。これを受け、株価は大幅上昇した。ただ、黒字化は、コスト削減や老舗工具ブランド、クラフツマンの売却益によるところが大きく、サプライヤーとの対立や約50億ドルの長期債務など、課題も多く残っている。

米ティーン向けアパレル大手アバクロンビー・アンド・フィッチ(ANF.N)の第1・四半期は、既存店売上高がマイナスだったが、予想ほどは落ち込まなかった。「ホリスター」ブランドの販売が好調だった。

アメリカン・イーグル(AEO.N)と米プライベート・エクイティ(PE)大手サーベラス・キャピタル・マネジメントがアバクロンビーに対する買収提案を検討しているとの報道もあり、業界再編期待が高まっている。

米家電量販最大手のベスト・バイ(BBY.N)の好決算が特に目立った。同社は、アマゾン(AMZN.O)とのネット販売競争にさらされているものの、家電のお試しサービスが販売を押し上げ、既存店売上高は予想を上回った。今後3カ月も既存店売上高が拡大するとの見通しを示し、株価は18%超上昇し、11年ぶり高値をつけた。

ただ、小売り業界の厳しい今後を示す兆候も多くある。ティファニーが24日に発表した第1・四半期決算は、観光客減少などを背景に、売上高が市場予想に届かなかった。株価も8.5%下げた。

2週間前には、メーシーズ(M.N)、JCペニー(JCP.N)、コールズ(KSS.N)、ノードストローム(JWN.N)がさえない決算を発表している。投資家にとり小売り業界の先行きは不透明だが、唯一はっきりしていることは、今後も変動が見込まれるということだ。

●背景となるニュース

*シアーズの第1・四半期決算は、約2年ぶりの黒字となった。12億5000万ドルに上るコスト削減策が奏功した。

*アバクロンビー・アンド・フィッチの第1・四半期既存店売上高は3%減。ただ減少率はコンセンサス・メトリックスがまとめたアナリスト予想の3.4%より小幅にとどまった。

*ベスト・バイの第1・四半期(2-4月)は、既存店売上高が予想外に増加。ゲームや携帯端末関連の需要好調が寄与。売上高、利益がいずれも予想を上回ったほか、第2・四半期の売上高見通しを当初の1.5%増から2.5%増に上方修正した。

*ティファニーの第1・四半期決算は、売上高が市場予想に届かなかったほか、既存店売上高が予想外のマイナスとなった。観光客の消費落ち込みに加え、米州での販売低迷が響いた。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below