July 29, 2018 / 12:12 AM / 4 months ago

コラム:定年後の資金、劇的に増やす「秘策」

[シカゴ 25日 ロイター] - 定年後の生活資金に関するアドバイスは通常、給料からいかに貯蓄を増やすかが中心となる。だが新たな研究によると、定年後の資金を劇的に増やす鍵は、予定より1カ月でも長く働くことだという。

 7月25日、定年退職の時期をたった30日間遅らすだけで、月給の1%を10年間貯めるのと同じくらい、定年後の生活水準を上げる可能性のあることが、スタンフォード大学のジョン・シァバーン経済学教授の研究で明らかとなった。米カリフォルニア州で昨年7月撮影(2018年 ロイター/Mike Blake)

定年退職の時期をたった30日間遅らすだけで、月給の1%を10年間貯めるのと同じくらい、定年後の生活水準を上げる可能性のあることが、スタンフォード大学のジョン・シァバーン経済学教授の研究で明らかとなった。

退職時期をもう少し延ばせば、その効果も増す。同研究によると、退職年齢を62歳ではなく66歳にすれば、退職後の生活水準は3割超アップする。

長く働くことがさまざまな所得と投資リターンに与える影響について調査した同研究では、投資リターンが物価上昇率と連動すると仮定した場合、すべての人が定年延長の恩恵を受けていた。

この驚くべき結果は、激しい競争にどれだけ嫌気がさしていようとも、数カ月長く働こうという気を人々に起こさせるだろう。

長く働くといくつかの利点があるが、中でも重要なのは、受給を遅らせることで年8%程度増える社会保障給付金だ、と同教授は指摘する。給付金の受け取りは70歳まで遅らせることが可能だ。

米ミシガン州トロイに拠点を置くファイナンシャルアドバイザーのレオン・ラブレック氏は最近、クライアントの1人で定年退職したがっている営業マン(64)のために、このことを理解する必要に迫られたという。

仕事を続けた場合、確定拠出年金(401k)の積み立て金が2年分、計2万4000ドル(約270万円)増え、貯金には手をつけずに金額を増やすことが可能となり、社会保障給付金の受給を遅らせることで受給額が16%増し、定年後の生活に必要とされる貯蓄年数を30年から28年に減らすことができる。

「あと2年我慢して働けば、20万ドル余分に手に入り、定年後に貯金が尽きる可能性も低くなる」とラブレック氏は指摘する。

長く働くことに耐えるため、ファイナンシャルプランナーは次のようにアドバイスする。

●仕事内容を刷新する

仕事を続けるからといって、同じ職務である必要はない。ファイナンシャルプランナーのマーク・ライランス氏は、ひどい顧客への対応にうんざりしている64歳の経営者にそうアドバイスした。彼らを相手にするなと。

カリフォルニア州に拠点を置くライランス氏は、このクライアントに対し、望まないストレスは引き受けないことで、他の仕事に取り組み、少しだけ長く働くことができるようになると助言した。

●上司に働きかける

あなたが管理職ではなく、定年を少し延長したい場合は、より良い条件を求めて上司と交渉することが可能だ。

同じ職場で、それほど負担が大きくないポジションに替わることを打診してみるのもいいだろう。フロリダ州タンパのファイナンシャルプランナー、ルース・デラニー氏は、ストレスが非常に多い政府の仕事に就く女性に対し、異動を願い出るようアドバイスした。彼女は現在、仕事を楽しんでおり、猛烈に貯金している。

とはいうものの、異動を申し出る前に、職場環境について慎重に考える必要がある。雇用主に退職が近いと伝えることは、解雇が必要な場合にその対象とされる機会を与えることにもなるからだ。

●趣味の仕事か第2の仕事を見つける

楽しくて、これまでとは全く異なる仕事を探す。数年間の生活をカバーするのに十分なくらい稼げれば、非常勤でも構わない。

ジョージア州ウッドストックのファイナンシャルプランナー、アニサ・ラオ氏はクライアントに代わりの仕事を「試運転」させた。このクライアントは休暇を取り、新しい非常勤の仕事がどのようなものなのか実際に体験し、転職することに決めたという。

●自分と取引する

 7月25日、定年退職の時期をたった30日間遅らすだけで、月給の1%を10年間貯めるのと同じくらい、定年後の生活水準を上げる可能性のあることが、スタンフォード大学のジョン・シァバーン経済学教授の研究で明らかとなった。マルタで昨年7月撮影(2018年 ロイター/Darrin Zammit Lupi)

いつでも辞められるので、あと半年は仕事を続けると自分と約束する。半年たったら、また半年誓いを立てる。

*本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below