April 25, 2018 / 4:51 AM / 3 months ago

解任された前FBI長官の「暴露本」、出版1週間で60万部を販売

[24日 ロイター] - 解任されたコミー前米連邦捜査局(FBI)長官がトランプ大統領との会話を詳細に明かすなどした回顧録「A Higher Loyalty: Truth, Lies, and Leadership」が、出版から1週間で60万部を売り上げ、政治書籍のベストセラー入りを果たした。

 4月24日、解任されたコミー前米連邦捜査局(FBI)長官がトランプ大統領との会話を詳細に明かすなどした回顧録「A Higher Loyalty: Truth, Lies, and Leadership」が、出版から1週間で60万部を売り上げ、政治書籍のベストセラー入りを果たした。写真は18日撮影(2018年 ロイター/Lucas Jackson)

出版したフラティロン・ブックス社が24日に明らかにしたもので、全形態の売り上げを合わせた数字という。ただ、世界での販売なのか米国内の販売なのかは明らかにしなかった。

業界の統計によると、出版後1週間の売り上げとしては、ヒラリー・クリントン氏が大統領選のキャンペーンについて綴った「What Happened」と、ジャーナリスト、マイケル・ウルフ氏のホワイトハウス裏事情暴露本「炎と怒り─トランプ政権の内幕」をしのぐ勢いとなっている。

フラティロンは、すでに100万部以上を印刷したとしている。

回顧録の中でコミー氏は、トランプ大統領をマフィアの親玉と比較、法律より個人の忠誠心を重視し、道徳や誠実さにほとんど敬意を払わないなどと記述して大統領の怒りを買った。

*カテゴリーを追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below