for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独コメルツ銀、フェッター会長が退任 健康問題理由に

[フランクフルト 16日 ロイター] - ドイツ銀行大手コメルツ銀行は16日、監査役会のハンスヨルク・フェッター会長が健康問題を理由を即日退任すると発表した。大規模な事業再編を進める中、後任人事を急ぐ。

フェッター氏は、コメルツ銀の経営が混乱し、トップが不在となる中、昨年就任し、新頭取の任命を行った。

後任が指名されるまではウーウェ・チェーゲ副会長が会長職を代行する。コメルツ銀は詳細についてコメントを控えた。

独政府は金融危機後の救済措置に伴い同行に16%近く出資し、筆頭株主となっている。ショルツ財務相はフェッター会長退任の報を受けて「動揺している」と述べ、後任についてはまだ考えていないとした。

コメルツ銀に出資している独金融大手デカは、フェッター氏はすでに大きな変革をもたらしたと評価。デカのポートフォリオマネジャー、アンドレアス・トーメ氏は「基盤はすでに整備されており、新会長がそれを引き継ぐことになる」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up