June 14, 2020 / 11:42 PM / a month ago

独コメルツ銀、米サーベラスによる監査役会ポスト要求を拒否

 ドイツ国内銀行2位のコメルツ銀行は6月12日、米投資会社サーベラスが求めている新たな監査役2人の選任を拒否した。2月13日、フランクフルトで撮影(2020年 ロイター/Ralph Orlowski)

[フランクフルト 12日 ロイター] - ドイツ国内銀行2位のコメルツ銀行(CBKG.DE)は12日、米投資会社サーベラスが求めている新たな監査役2人の選任を拒否した。「物言う株主」(アクティビスト)であるサーベラスはコメルツ銀に対し、監査役会ポストだけでなくコスト削減や戦略変更なども求め、これまで対外的に広く訴えてきた。

ロイターが確認した書簡によれば、シュミットマン監査役会会長は「空席はない」と完全に拒否する姿勢を見せた。こうした回答を予期していたサーベラス側はさらに主張を強めるとみられる。

サーベラスは他の株主に向けて、コメルツ側と70回以上の交渉を持ちながら、自分たちの助言が受け入れなかったと不満を訴えてきた。2017年にサーベラスがコメルツ銀の5%に当たる株式を購入して以来、同行株は6割値を下げている。

これを踏まえ、サーベラスはコメルツ銀の業績を「悲惨なもの」と表現し、監査役会に「自分たちがふさわしいと認めた高い資質のある人物」を任命することを求めていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below