for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-サーベラス、コメルツ銀に7000人以上の追加削減求める=関係筋

(サーベラスに関する関係筋情報を追加しました。)

[フランクフルト 30日 ロイター] - 米投資会社サーベラスは、独コメルツ銀行のコスト削減策の一環で7000人をはるかに超える規模の人員削減を求めている。関係筋が30日、明らかにした。

サーベラスはコメルツの大株主で、かねてより抜本的な改革を要求。今月、コメルツに監査役を2人送り込もうとしたが、コメルツが拒否していた。

独紙ベルゼン・ツァイトゥングは30日、コメルツが監査役会で7000人の追加人員削減の可能性について協議する見通しと伝えた。

コメルツは昨年秋に4000人の人員削減計画を発表している。ベルゼン・ツァイトゥングが業界関係者の話として伝えたところによると、コメルツはドイツ国内の1000支店について、従来計画の倍の400店の閉鎖を検討している。

コメルツの広報担当者は「現在、さまざまな選択肢やシナリオが検討されている。何も決まっていない」と述べた。

独フランクフルター・アルゲマイネ紙は、7月1日に予定されている監査役会の会議は、労組の代表が文書作業へのアクセス改善を求めているため、開催されないと伝えた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up