February 14, 2019 / 9:20 AM / 6 months ago

独コメルツ銀、第4四半期純利益は51%増 予想上回る

 2月14日、独コメルツ銀行が発表した第4・四半期決算は、株主帰属純利益が前年同期比51%増の1億1300万ユーロとなり、ロイターがまとめたアナリスト予想の7570万ユーロを上回った。写真はフランクフルトの本店で昨年2月撮影(2019年 ロイター/Ralph Orlowski)

[フランクフルト 14日 ロイター] - 独コメルツ銀行(CBKG.DE)が発表した第4・四半期決算は、株主帰属純利益が前年同期比51%増の1億1300万ユーロ(1億2743万ドル)となり、ロイターがまとめたアナリスト予想の7570万ユーロを上回った。

コメルツ銀は、今年と来年は一段のコスト削減に取り組み、年間増収率は3%を目指すと明らかにした。

同行は人員削減やバックオフィスのデジタル化、リテール顧客基盤の拡大を通じて業務改革を行っている。

事業再編プログラムは2016年に発表され、2020年に完了する見通し。

コメルツ銀の株価は0854GMT(日本時間午後5時54分)時点で約4%高。

同行を巡っては、競合するドイツ銀行(DBKGn.DE)との合併に関する臆測が広がっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below