for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独コメルツ銀、第1四半期純損益が予想外の黒字転換

[フランクフルト 12日 ロイター] - ドイツのコメルツ銀行が12日発表した第1・四半期決算は、純損益が1億3300万ユーロ(1億6120万ドル)の黒字となり、前年同期(2億9100万ユーロの赤字)から黒字に転換した。

また、市場予想(1億3100万ユーロの赤字)に反しての黒字だった。

大規模なリストラを進める同行は2021年の収入について、前年を小幅に上回る見通しだとした。従来見通しよりも楽観姿勢を強めた。

同行は数百の支店閉鎖と従業員1万人削減を盛り込んだ20億ユーロ規模のリストラを進めている。

先週には、クノッフ最高経営責任者(CEO)が、世界で従業員1万人を削減する計画で労組と合意したと発表した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up