for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

世界経済は明らかに減速、一段の大型買収に意欲=バフェット氏

 [24日 ロイター] 米著名投資家のウォーレン・バフェット氏は24日、米経済は他の国・地域に比べて「やや健闘」しているが、世界経済には明らかに減速の兆候が見られるとの認識を示した。

 ただ景気が低迷する中でも、一段の大型買収に強い意欲を見せた。CNBCとのインタビューで述べた。

 バフェット氏は、景気の落ち込みは欧州よりもアジアの方が大きいと指摘。ただアジアはより高水準からの減速となっているとした。

 一方、同氏が率いるバークシャー・ハザウェイBRKa.N傘下の住宅関連企業の業績は、このところ2けたの伸びを記録していると指摘。住宅市場は明らかに上向き始めたとの認識を示した。

 バフェット氏はこれまで、住宅市場が改善しない限り、米経済の回復が本格化することはないとの立場を示している。

 5月に開催されたバークシャーの年次会合では、200億ドルの買収交渉が決裂したことを明らかにしていた同氏だが、この日は同規模の別案件もまとまらなかったことを打ち明けた。

 その上で、バークシャーの手元資金400億ドルを活用し、「よだれが出るほど」買収を手掛けたいと述べた。ただ買収先に関しては何ら詳細を明かさなかった。

 また米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長については、3期目も続投することが米経済にとって最善との考えを表明した。

 共和党のロムニー大統領候補は、当選した場合、議長を再指名しない意向を示しているが、バフェット氏は同意しないとし、「バーナンキ議長の続投を支持する。家族やあらゆる人々に議長を支持するよう呼びかける」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up