for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-トヨタ、政情次第でタイ投資見直しも 今年は業界全体で販売台数13.6%減へ=現法社長

(内容を追加しました)

[バンコク 20日 ロイター] - トヨタ自動車 タイ現地法人の棚田京一社長は20日、タイの政情不安が続けば、同国における最大200億バーツ(6億0900万ドル)の投資を見直すほか、生産を引き下げる可能性があると明らかにした。

トヨタはタイで年80万台規模を生産しており、最大の自動車メーカーとなっている。

同社長は記者会見で、向こう3─4年で年産能力を20万台引き上げる計画は不透明になったと説明。「現在の政治危機が続けば、われわれはタイでの新たな投資を実施しないかもしれない」と述べた。

棚田社長によると、2013年のタイでの生産台数は約85万台となり、タイ国内での販売台数が44万5000台、タイ国外への輸出が約43万台となった。14年目標については、タイ国内販売台数が40万台、タイ国外への輸出台数が44万5000台とした。

また、2014年はタイで業界全体の自動車販売台数が13.6%減の115万台になるとの見通しを示した。消費の弱さや経済成長の鈍化が主因。

棚田社長は、タイでの政情不安が続けば、成長が損なわれ、業界の販売台数がその水準も下回る可能性があると指摘した。

タイ工業連盟(FTI)の発表によると、2013年の国内自動車販売は、7.7%減の133万台だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up