for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

訂正-ジャパンディスプレイ、14年3月期売上高予想を92億円引き下げ

(4月28日に配信した以下の記事で記事検索コードを修正しました)

[東京 28日 ロイター] - ジャパンディスプレイ は28日、3月19日に公表した2014年3月期の連結業績予想について、売上高を6142億円(従来予想は6234億円)、営業利益を272億円(同304億円)に、それぞれ下方修正したと発表した。

一部顧客のスマートフォン1機種について、3月中に織り込んでいた出荷を4月以降に遅らせるとの通知が3月19日以降に発生した。さらに、中国メーカーなど中価格帯スマートフォンの価格交渉が難航して今期内の成約を見送った案件が複数あった。  

ジャパンディスプレイによると、これら2つの案件で、それぞれ40億円程度の売上高のマイナスにつながり、期末の連結売上高予想を92億円、従来予想より1.4%引き下げた。また、営業利益は32億円のマイナスで、従来予想より10%下方修正した。

開示ルールでは、売上高10%、営業利益で30%の変動で予想修正を発表することになっている。売上高で90億円の変動は「日常的に起こり得る」(液晶業界関係者)事象だが、JDIでは「上場直後という特殊な状況を考慮して、開示することにした」(広報)としている。同社が13年3月期の業績予想を開示したのは、新規上場した3月19日。 (村井令二)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up