for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユニチャーム、15年12月期は最高益更新へ 海外事業は20%成長見込む

[東京 12日 ロイター] - ユニ・チャーム は12日、2015年12月期は決算期を合わせた調整後の前期と比べ、14.1%増収、12.8%の営業増益を計画していると発表した。過去最高益更新となる。前年に停滞した中国での売上高が回復傾向にあり、国内での5%成長に対し、海外では20%の高い成長を見込んでいる。

高原豪久社長は会見で「14年度は国内が好調で中国が停滞した年だった」と振り返った。しかし、中国は10―12月期に売上高が25%増と伸び「今年も20%以上の売上げ成長を達成したい」とした。

また、同社は90%以上が原油由来の原材料となっており、原油安は原材料コスト安に結び付く。15年12月期については、営業利益で15億円程度のプラス要因になっているという。

ベビー用紙おむつや生理用品を中心に訪日外国人による需要が伸びている。同社関係者によると、14年のインバウンド消費は前年比3倍になったという。こうしたインバウンド消費と国内からの「メイド・イン・ジャパン」商品の輸出は、今年計10%の伸びを計画している。

高原社長は「10%増は、既存の生産設備の生産性を上げることで対応できる。ただ、これは一過性のものではない。メイド・イン・ジャパンの価値を最大限アピールできるように国内での供給体制を準備していくことは中期的な課題」とした。

同社は前期から12月決算に決算期を変更しており、前期は9カ月の変則決算となっている。

清水律子

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up