for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソニーが都内自社ビルを1111億円で売却、営業益410億円計上

2月28日、ソニーは、東京品川区にある自社ビル「ソニーシティ大崎」を1111億円で売却したと発表した。売却益410億円を2013年1─3月期の営業利益に計上する。写真はソニーシティ大崎。1月撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 28日 ロイター] ソニー6758.Tは28日、東京品川区のJR大崎駅前に保有する自社ビル「ソニーシティ大崎」を1111億円で売却したと発表した。2013年1─3月期の連結営業利益に410億円の売却益を計上する。資産売却で手元資金を確保するとともに、今期の業績予想の維持をねらう。

同日付で、日本ビルファンド投資法人8951.Tと国内の機関投資家の1社に売却を完了し、ソニーは諸費用を差し引いた1100億円の現金を受け取った。ソニーシティ大崎は、地上25階建て、地下2階で、延床面積は12万4000平方メートル。テレビ事業などの関連部門の約5000人が入居しているが、売却後も別途賃貸契約を結び、今後5年間、引き続き同ビルに入居する。

今月7日に発表した2013年3月期の連結営業利益予想は1300億円。410億円の売却益を計上するものの、7日の決算発表時点で、同ビルの売却は織り込んでいたため、業績予想の大きな上振れ要因にはならない見込み。

今期のソニーの業績は、デジタル製品の販売が不振で、エレクトロニクス事業の営業損益は通期で赤字の見通し。ただ、資産売却で通期の連結営業損益を維持する方針を示している。

ソニーは今月20日にも、連結子会社のエムスリー2413.Tの保有株の6%をドイツ証券に譲渡することで、再評価益など1150億円の営業利益を計上すると明らかにしている。また1月18日には、ニューヨークにある米国本社ビルを3月中に売却し、6億8500万ドル(約630億円)の売却益を営業利益に計上すると発表した。

(ロイターニュース 村井令二;編集 宮崎亜巳)

*情報を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up