for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

みずほFGの傘下銀行が合併し1バンク体制に、システム障害は回避

[東京 1日 ロイター] - みずほフィナンシャルグループ8411.Tの持ち株会社傘下にあるみずほ銀行とみずほコーポレート銀行は1日合併し、新しいみずほ銀行が発足した。同日繋がった両行のシステムにはトラブルはなかった。

新しいみずほ銀行頭取を兼務する持ち株会社の佐藤康博社長は記者会見し、「1バンクの実現で組織体制の姿としては一応の完成形をみた。傘下の銀行、信託、証券を結集させ、本格的な金融グループとして他行と差別化を図る」と強調した。

みずほは過去に2回大規模なシステム障害を発生させており、それが1バンク体制への契機となった。今回のシステム統合にあたり「テストの幅と量、質に万全な体制を敷いた」(佐藤社長)という。佐藤社長は、次期システムへの移行時期について、2016年3月期を目途とすると表明した。

今後は銀・信・証の一体運営をさらに進めるため、「信託銀行のワンバンクについても考えていきたい」と語った。

布施太郎

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up