for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エルピーダ<6665.T>、公的資金注入で300億円の優先株発行を承認=臨時株主総会

 [東京 29日 ロイター] エルピーダメモリ6665.Tが29日開いた臨時株主総会で、公的資金の注入に必要な優先株発行の議案が可決された。エルピーダは日本政策投資銀行を引き受け先として300億円の優先株を発行する。払い込みは31日。この出資に損失が生じた場合は国が8割を補てんする。

 エルピーダは、、台湾当局が設立した台湾メモリー(TMC)からも200億円の出資を受ける予定。同社の広報担当者によると、同日の株主総会で坂本幸雄社長は、TMCからの出資比率は9.5%になる見通しと話した。

 このほか、政策投資銀行から100億円、民間金融機関の協調融資1000億円を受ける予定。これらを含め、エルピーダの再建にかかる資金は1600億円となる。

記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up