October 10, 2019 / 8:55 AM / in a month

ブログ:コンゴで増える「副業」ハンター、野生の肉が収入源

[ムバンダカ(コンゴ民主共和国) 9日 ロイター] - コンゴ西部の街、ムバンダカで暮らすモハメド・エシンボ・マトングさんは、月に1度、自宅を離れて野生動物のハンティングに出かける。

 ムバンダカで暮らすモハメド・エシンボ・マトング(右)さんは、月に1度、自宅を離れて野生動物のハンティングに出かける。2018年10月23日撮影(2019年 ロイター/Thomas Nicolon)

マトングさんは政府機関の職員だが、家族を養うために殺した獲物を売る副業を手がけていると語る。

研究者たちによれば、マトングさんのようなハンターのせいで、中央アフリカの森林から野生動物が急速に減少しているという。

61歳のマトングさんは、「10代の頃は、せいぜい10キロも川を遡れば獲物を見つけられた。今では、それなりの猟場にたどり着くには、40キロ以上も行かなければならない」と話す。

丸木舟を借りてハンティングに向かう。4月2日、ムハンダカ近くの森で撮影(2019年 ロイター/Thomas Nicolon)

ハンティングに向かうマトングさんは、丸木舟と櫂を数本借り、手製のライフルと10数発の弾丸、数日分の食糧としてキャッサバで作った伝統製法のパン「クワンガ」をたっぷり持参する。

小屋の屋根をふくためのわらを担ぐマトングさん。4月3日、ムバンダカ近くの森で撮影(2019年 ロイター/Thomas Nicolon)

滞在するのはコンゴ川支流に面した小屋。昼夜を問わず、何か獲物が見つからないかと森を探し回る。サルやボンゴ(レイヨウ)、ワニ、ニシキヘビ、カワイノシシなどが標的だ。

リングンダのマーケットにブッシュミートが到着。商品を買おうと、すでに大勢の人たちが待っていた。2018年10月19日、ムバンダカで撮影(2019年 ロイター/Thomas Nicolon)

1990年代まで、マトングさんのようなハンターが動物を殺すのは自分たちで食べるためだったが、都市部でブッシュミート(野生動物の肉)への需要が高まる中、ハンティングの規模が拡大している。

現地住民や研究者によれば、野生動物の生息数への影響は明白だ。

コンゴ盆地では、アマゾン川流域に次ぐ世界第2位の規模の森林が6カ国にまたがって広がっている。そこでは年間約600万トンのブッシュミートが供給されている。

マーケットで売られていたボノボの肉。絶滅の恐れがあり、おおっぴらには売買されていない。2018年10月20日、ムバンダカで撮影(2019年 ロイター/Thomas Nicolon)

ムバンダカの地元集落が管理する森を研究する世界自然保護基金(WWF)のミシェル・バカンザ氏は、「村落の周辺ではさまざまな種の生物が姿を消しつつある」と語る。

<生計を支える副業>

ボノボ(ピグミーチンパンジー)やセンザンコウなど多くの動物は国際法で保護されているが、政府による監督が不十分なせいで、こうした絶滅危惧種も日常的に殺されている。

マトングさんは、約75ドルの月給では妻、4人の子、それに同居する兄弟2人と甥が暮らすには足りないと話す。

「これだけの人数をどうやって養って行けというのか。月末に給料が未払いになることさえある」と、彼は言う。「これがコンゴという国だ。生活を支えるためには何だってやってみる」

ハンターのセレスティンさん。妻、娘と。2018年10月19日、ムバンダカで撮影(2019年 ロイター/Thomas Nicolon)

他のハンターはどうか。ムバンダカで自然保護を学ぶセレスティンさん(フルネームでの掲載は拒否している)にとっては、野生動物の心配よりも、世界の最貧国の1つであるコンゴで生活を維持していくことの方が重要だ。

「ハンティングが禁じられている種があるのは知っている。しかし、そのおかげで大学の学費を払えるし、家計の支えにもなっている」と、彼は言う。

ブッシュマーケットには、世界自然保護基金が保護対象に定めた動物リストの看板が立つ。2018年10月19日、ムバンダカで撮影(2019年 ロイター/Thomas Nicolon)

マトングさんは森でのハンティングを数日間続け、ほとんどの獲物を売って5000─10万コンゴフラン(約7~60ドル)稼ぐ。家族が自分たちで食べる分として取っておく肉は数日分だけだ。

マーケットに並ぶワニやオオトカゲの肉。2018年10月18日、ムバンダカで撮影(2019年 ロイター/Thomas Nicolon)

獲物の行く先はムバンダカの市場で、毎週金曜日になると、艀(はしけ)で運ばれてくるブッシュミートを購入する客が何千人も集まる。

屋台にはワニやオオトカゲ、殺されたばかりのサル、ボンゴなどの肉が山積みされている。

(翻訳:エァクレーレン)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below