August 3, 2018 / 7:07 AM / 4 months ago

コンゴでエボラ出血熱が再び流行、隣国へ広がる恐れも=WHO

 8月2日、WHOは、コンゴ東部でエボラ出血熱が流行し、数十キロメートルの範囲に拡大する公算が大きいと発表。隣国ウガンダに広がる恐れもあるという。写真は国境なき医師団の救急車両。コンゴ・ベニで撮影(2018年 ロイター/Samuel Mambo)

[ジュネーブ/ゴマ 2日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は2日、コンゴ東部でエボラ出血熱が流行し、数十キロメートルの範囲に拡大する公算が大きいと発表した。隣国ウガンダに広がる恐れもあるという。

コンゴ保健省によると、同国東部の北キブ州にある人口約6万人の町マンギナとその周辺では、4人がエボラ出血熱に感染したことが確認された。現地はウガンダとの国境からの距離が100キロメートル。この地域では7月後半を中心に、発熱を伴う出血の症状が出た20人が死亡している。

コンゴでは北西部でもエボラ出血熱が流行して33人が死亡したが、先週に終息が宣言されたばかりだった。

WHOのピーター・サラマ事務局次長(健康危機担当)は、現地がウガンダなど近隣諸国との国境に近い点を踏まえると、地域的な感染リスクは高まっているとの見方を示した。

コンゴでエボラ出血熱が流行するのは10回目となる。前回の流行では33人が死亡したが、製薬会社メルク(MRK.N)が製造したワクチンの使用でウィルスが抑えられたため、対応は一定の成果を挙げたとみられている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below