June 18, 2019 / 3:43 AM / 3 months ago

コンゴの部族抗争、1週間で161人殺害

 6月17日、アフリカ中部コンゴ(旧ザイール)北東部イツリ州の地元当局は17日、牧畜民ヘマ族と農耕民レンドゥ族の部族抗争により、過去1週間で少なくとも161人が殺害されたと明らかにした。写真は村を襲った民兵に腕を切り落とされた11歳の少女と妹。コンゴのブジアで昨年4月撮影(2019年 ロイター/Goran Tomasevic)

[ゴマ(コンゴ) 17日 ロイター] - アフリカ中部コンゴ(旧ザイール)北東部イツリ州の地元当局は17日、牧畜民ヘマ族と農耕民レンドゥ族の部族抗争により、過去1週間で少なくとも161人が殺害されたと明らかにした。

襲撃者は特定されていないが、一連の犠牲者の大半はヘマ族だという。ヘマ族とレンドゥ族は長年、牧草地の権利などをめぐって対立。1999─2007年の衝突では、推定で約5万人が死亡した。17─18年にかけても数百人が死亡したが、それ以降は平穏な状態だった。

同州出身の国会議員によると、発端は10日にレンドゥ族4人が殺害された事件。「レンドゥの人々がヘマ族の仕業だと考え、複数のヘマ族の村を襲った」と指摘した

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below