July 9, 2018 / 11:15 PM / 4 months ago

米下院、アップルとアルファベットに質問状 個人情報取り扱いで

 7月9日、米下院エネルギー商業委員会のウォルデン委員長(共和党、写真)と同委員会の共和党議員3人は9日、位置データやスマートフォンの個人情報取り扱いなどについて、アップルとグーグルの親会社アルファベット幹部に質問状を送付した。2017年3月撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)

[9日 ロイター] - 米下院エネルギー商業委員会のウォルデン委員長(共和党)と同委員会の共和党議員3人は9日、位置データやスマートフォンの個人情報取り扱いなどについて、アップル(AAPL.O)とグーグルの親会社アルファベット(GOOGL.O)幹部に質問状を送付した。

質問状は、音声アシスタント機能を起動させるきっかけとなる「オッケーグーグル(Okay Google)」や「ヘイシリ(Hey Siri)」などの呼びかけを拾うため、スマートフォンはユーザーの会話から、こうした呼びかけ以外の音声データを収集することが可能で、実際に収集している、との報告を取りあげている。ユーザーに知らされることなく、第三者のアプリケーションがこうした音声データにアクセスし、データを利用することができるとの指摘がある、と説明している。

また、グーグルの「アンドロイド」やアップルの「iPhone(アイフォーン)」が、同意なしにユーザーの録音データを収集しているかどうかを質問。国民がプライバシーに対して期待していることに影響を与えるようなビジネス慣行があるかどうかを委員会は調査している、と説明している。

7月23日までに質問状に回答し、委員会メンバーに説明するよう求めている。

アルファベットは、委員会の質問に回答するとコメント。「ユーザーのプライバシーとその情報を保護することは、グーグルにとり最も重要なことだ」と説明した。

アップルの広報担当者はコメントを拒否している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below