for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米石油大手コノコCEO、原油供給不足と価格変動に警告

 7月19日、米石油大手コノコフィリップスのライアン・ランス最高経営責任者(CEO)は、石油輸出国機構(OPEC)の余剰生産能力に限界があるほか、米国の増産ペース鈍化が見込まれるとして、今後の原油不足と価格変動に警告した。テキサス州ヒューストンで3月8日撮影(2022年 ロイター/Daniel Kramer)

[ヒューストン 19日 ロイター] - 米石油大手コノコフィリップスのライアン・ランス最高経営責任者(CEO)は19日、石油輸出国機構(OPEC)の余剰生産能力に限界があるほか、米国の増産ペース鈍化が見込まれるとして、今後の原油不足と価格変動に警告した。

業界団体メンバーに対し、需要については「最終的にパンデミック前の水準に戻るだろう」と指摘。ピークに達するのはさらに10─20年後になるとの見方を示した。景気後退懸念も価格変動要因だと述べた。

一方、米国の生産については「今年は日量100万バレル弱の伸びとなり、来年はおそらくさらに100万バレル近く伸びるだろう。しかし、ある種の停滞期に入り始める」と述べた。2019年12月までの3年間には日量400万バレル伸びていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up