April 30, 2020 / 8:01 PM / 3 months ago

米コノコ、第1四半期は17億ドルの赤字 原油安など重し

米石油大手コノコフィリップスが30日発表した第1・四半期決算は17億ドルの赤字となった。ニューヨーク証券取引所で1月撮影(2020年 ロイター/Brendan McDermid)

[30日 ロイター] - 米石油大手コノコフィリップス(COP.N)が30日発表した第1・四半期決算は17億ドルの赤字となった。原油安のほか、同社が保有するカナダの同業セノバス・エネルギー(CVE.TO)株の下げが響いた。

リフィニティブのデータによると、コノコは現在、セノバス株を17%保有し、筆頭株主となっている。第1・四半期はセノバス株の価値下落に伴う減損などが影響。未実現損失は16億9000万ドルという。

第1・四半期の原油の実勢価格は1バレル=38.81ドル。前年同期は50.59ドルだった。

第1・四半期の純損失は17億4000万ドル(1株当たり1.60ドル)。前年同期は18億3000万ドル(同1.60ドル)の黒字だった。

一時項目を除く1株利益は0.45ドル。市場予想の0.23ドルを上回った。

リビアを除く生産量は石油換算で日量128万バレルと、前年同期から4万バレル減少した。

ただ、同社は今後数週間で大幅な減産を実施すると表明。5月に追加で日量4万バレル減産し、6月までに減産量合計を昨年の産油量の3分の1超に当たる日量46万バレルに拡大するとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below