April 4, 2019 / 4:26 PM / 2 months ago

米コンステレーション、第4四半期は売上高・利益とも予想上回る

[4日 ロイター] - 米アルコール飲料大手コンステレーション・ブランズが発表した第4・四半期決算(2月28日まで)は、売上高・利益ともに市場予想を上回った。ワインは苦戦したが、ビールブランドの「コロナ」や「モデロ」の新商品が寄与した。

同四半期の売上高は18億ドル、調整後1株利益(EPS)は1.84ドルだった。

同四半期のビール部門の売上高は9.3%増の10億9000万ドル。冬期に当たる12─2月はビールの販売が落ち込むが、同社は米ビール業界でのシェアを拡大し、同期間でシェアトップになったという。

対照的にワイン・スピリッツ部門は低迷。売上高は約8%減となった。

2020年の調整後EPS予想レンジは8.50─8.80ドル。これにはカナダの医療用大麻生産会社キャノピー・グロースの収益は含まれていない。19年は9.34ドルだった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below