January 14, 2020 / 3:39 AM / 4 days ago

消費マインドは低水準、海外動向など影響注視=西村再生相

西村康稔経済再生相は14日の閣議後会見で、消費増税後の消費動向について、消費マインドが低水準にあり、海外動向を含め、消費に与える影響を注視したいと述べた。2019年9月に首相官邸で撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 14日 ロイター] - 西村康稔経済再生相は14日の閣議後会見で、消費増税後の消費動向について、消費マインドが低水準にあり、海外動向を含め、消費に与える影響を注視したいと述べた。

内閣府が10日公表した景気動向指数で基調判断が4カ月連続で「悪化」となり、政府の公式見解である月例経済報告の「回復」との判断と乖離が続いている理由について、月例は国内総生産(GDP)や公共投資、日銀短観などを総合的に判断するためと説明した。同時に足元の景気で外需や生産の弱さには注意が必要と強調した。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below