March 3, 2020 / 6:49 AM / a month ago

消費者態度指数2月は0.7ポイント低下、新型ウイルスの影響反映

 3月3日、内閣府が3日発表した2月消費動向調査によると、消費者態度指数(2人以上の世帯・季節調整値)は、1月から0.7ポイント低下して、38.4となった。写真は都内で2016年3月撮影(2020年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 3日 ロイター] - 内閣府が3日発表した2月消費動向調査によると、消費者態度指数(2人以上の世帯・季節調整値)は、1月から0.7ポイント低下して、38.4となった。内訳項目では「耐久消費財の買い時判断」「雇用環境」「暮らし向き」「収入の増え方」全てで悪化した。

内閣府は、消費者態度指数からみた消費者マインドの基調判断を「足踏みがみられる」に下方修正した。   1年後の物価見通しについては、「上昇する」との回答が減少。「低下する」「変わらない」が増加した。

西村康稔経済財政・再生相は2月の消費者態度指数の低下について、「新型コロナウイルス感染症の影響が反映されている」との認識を示した。

消費者マインドに与える影響について、調査の実施以後も感染が拡大しているとして「引き続きしっかりと注視していきたい」とコメントした。

消費動向調査の実施期間は2月5―20日。

*内閣府の発表資料は以下のURLでご覧になれます。

here

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below