for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ジャマイカのボブスレー選手、路上で車を押して練習

[ピーターバラ(英国) 2日 ロイター] - 2022年北京冬季五輪出場を目指すジャマイカの男子ボブスレーチームの選手が、路上で車を押して練習を行っている。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)によるロックダウン(都市封鎖)を受けて、英国のジムが使用できないなか、シャンウェイン・スティーブンスとニムロイ・ターゴットは、英国ピーターバラの路上で車を押してコンディションの維持を図っている。

スティーブンスはロイターに対し、「何か押す動きを再現できる独自の練習方法を考えなければならなかった。そして、外に出て車を押せばいいと思ったんだ」とコメント。「車が壊れたのかと思い、助けようとしてくれる人がいたが、私たちがジャマイカのボブスレーチームだと伝えると、彼らはとてもワクワクした様子になる」と続けた。

2人は、1993年の映画「クール・ランニング」のモデルにもなった1988年カルガリー冬季五輪に出場したボブスレー男子ジャマイカ代表に影響を受けたと語り、北京冬季五輪に出場して、88年チームを超える結果を残したいと述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up