March 12, 2020 / 3:41 AM / 25 days ago

中国本土の新規感染者15人、湖北省は初の1桁 当局「ピーク越え」

[北京/上海 12日 ロイター] - 中国国家衛生健康委員会は12日、湖北省で11日に新たに確認された新型コロナウイルスの感染者が8人だったと発表した。流行の中心地である同省で1日当たりの新規感染者が1桁になったのは初めて。地元当局が厳格な封じ込め措置を慎重に緩和する中、企業は徐々に業務を再開している。

 3月12日、中国国家衛生健康委員会は、湖北省で11日に新たに確認された新型コロナウイルスの感染者が8人だったと発表した。写真は北京で11日撮影(2020年 ロイター/Thomas Peter)

中国国家衛生健康委員会の米鋒報道官は12日の記者会見で、国内の新型コロナウイルス流行のピークは過ぎたと表明。「大まかに言えば、中国にとって流行のピークは過ぎた」と述べ、「新規感染者の伸びは縮小している」と説明した。

新たな感染者8人は全員、湖北省の省都である武漢で確認された。

中国での新型コロナ感染拡大ペースはこの7日間で著しく減速。武漢の事実上の封鎖を含め、人の移動や交通を制限する厳しい措置を数週間にわたり講じた結果だ。

湖北省以外の中国本土では海外からの入国者6人を含め、7人の新規感染者が確認された。

海外からの入国者6人の感染が確認された地域の内訳は、広東省が3人、甘粛省が2人、河南省が1人。

中国全体では11日に計15人の新規感染者が確認されたことになり、前日の24人から減少した。

これで中国本土の感染者数は累計で8万0793人。10日時点で、6万2793人が回復したり、退院したりしている。

11日時点で、中国本土での死者数は累計で3169人に達し、前日から11人増えた。このうち10人は、武漢の7人を含め湖北省が占めた。

中国は新型コロナ感染ペースの減速を受け、工場や企業の操業再開に軸足を移しつつある。

2月は工場の稼働率が過去最悪の水準まで落ち込んでいたが、当局による制限が緩和され、ここ数週間に操業を再開する企業が増えている。ただ、完全復旧は4月までかかるとアナリストらはみている。

ここ数週間で特に打撃が大きかったのは航空業界で、2月に各社合計で約209億6000万人民元の収入が失われ、旅客数は前年同月比で84.5%落ち込んだ。

中国共産党機関紙の人民日報は論説記事の中で、中国での新規感染者数は減少しているものの、状況は依然困難であり、さらなる感染拡大リスクがあると警告した。

中国政府系の英字紙チャイナ・デーリーは論説記事で、多くの企業は依然として労働力不足やサプライチェーンの混乱に直面していると指摘。「流行防止措置はサービスセクターの中小企業を中心とする企業に多大な負担となっている」とした上で、「通常業務への復帰のさらなる遅れは破産や雇用喪失の拡大を伴うことになり、社会の安定を脅かす」と訴えた。

湖北省政府は11日、武漢市の基幹産業の操業再開を認めると発表した。12日には、省内の一部地域で鉱工業生産の再開を認めるとともに移動制限を緩和する方針だ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below