April 29, 2020 / 9:50 PM / 3 months ago

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(30日現在)

[30日 ロイター] -

イタリアで確認された新型コロナウイルス感染症による死者は29日に323人増え、累計2万7682人となった。増加数は前日の382人から鈍化した。ベニスで22日撮影(2020年 ロイター/Manuel Silvestri)

> 英銀ロイズ、第1四半期は大幅減益 新型コロナで貸倒引当金14億ポンド

英金融大手ロイズ・バンキング・グループ(LLOY.L)が発表した第1・四半期決算は、税引き前利益が7400万ポンドとなり、前年同期の16億ポンドから大幅に減少した。新型コロナウイルスの感染拡大による影響に備え、14億ポンド(17億5000万ドル)に上る貸倒引当金を計上したことが響いた。

> スペインGDP、第1四半期は前期比5.2%減 統計開始以降で最悪

スペイン統計局(INE)が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)速報値は前期比5.2%減と、1970年の現統計開始以降で最悪のマイナス成長となった。

> 米カリフォルニア州、全てのビーチと州立公園を閉鎖へ

米カリフォルニア州のニューサム知事は30日、州内すべてのビーチと州立公園の閉鎖を発表する方針。州知事が各警察署長に宛てた29日付のメモをロイターが入手した。

> 〔情報BOX〕新型コロナウイルス、世界の感染者319万人超・死者22.6万人

ロイターの集計によると、新型コロナウイルスの感染者は世界全体で319万人を超え、死者は22万6880人となった。

> ロシアの新型コロナ感染者数が10万人突破、中国・イランを超える

ロシアの新型コロナウイルス危機対策センターによると、国内の新型ウイルス感染者数が30日時点で10万人を突破、累計で10万6498人となった。ロシアの感染者数は今週に入り、中国とイランを上回った。

> ノキア、第1四半期は2%減収 新型コロナによる供給途絶が響く

フィンランドの通信機器メーカー、ノキア(NOKIA.HE)が発表した第1・四半期決算は、新型コロナウイルスの感染拡大による中国からの供給途絶が響き、2%の減収となった。ただ次世代通信規格5G関連機器に対する需要が好調で小幅な黒字を計上した。

> グレンコア、設備投資・生産予測を下方修正 コロナの影響に対処

ロンドン市場に上場している商品取引・資源大手グレンコア(GLEN.L)は30日、2020年の設備投資と生産の見通しを下方修正した。支出削減により新型コロナウイルスの感染拡大の影響に対処できるとしている。

> 4月の独失業者数(季節調整後)は前月比+37.3万人、予想以上の大幅増

ドイツ連邦雇用庁が30日発表した4月の失業者数(季節調整後)は前月比37万3000人増の263万9000人だった。新型コロナウイルスの感染拡大が響き、予想の7万6000人増を大きく上回った。

> 仏ソジェン、第1四半期は最終赤字 株式取引部門が不振

仏銀ソシエテ・ジェネラル(ソジェン)(SOGN.PA)が発表した第1・四半期決算は最終赤字となった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた市場の動揺で株式取引部門が不振だった。また新型コロナに関連した債務不履行が増えると予想し、貸倒引当金を積み増した。

> シェル、80年ぶりに減配へ 石油需要減で自社株買いも停止

英蘭系石油大手のロイヤル・ダッチ・シェル(RDSa.L)は30日、過去80年で初の減配に踏み切ると発表した。次回の自社株買いも停止する。

> 第1四半期の仏GDPは前期比-5.8%、戦後最大のマイナス幅

フランス国立統計経済研究所(INSEE)が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)速報値は前期比5.8%減となり、第2次世界大戦後最大の減少幅を記録した。3月半ば以降、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けたロックダウン(都市封鎖)が実施された影響で、大衆が蜂起した「5月危機」が起きた1968年第2・四半期(5.3%減)を上回る落ち込みとなった。

> 石油大手など9社、米戦略備蓄の貯蔵施設を間借り=政府関係者

米石油大手のシェブロン(CVX.N)やエクソン・モービル(XOM.N)、アロンUSAALJON.ULを含む9社は、国家石油備蓄の貯蔵施設のうち2300万バレル分を借りることで合意した。米政府関係者が29日、明らかにした。

> 世界エネ需要、20年は過去最大の減少幅に CO2排出も=IEA

国際エネルギー機関(IEA)は30日、2020年の世界のエネルギー需要と二酸化炭素(CO2)排出量が過去最大の減少になるとの予測を発表した。新型コロナウイルスの流行により世界各国で経済活動が制限されている状況を踏まえた。

> EXCLUSIVE-トランプ氏、バイデン氏優勢示す世論調査は「信じない」

トランプ米大統領は29日、ロイターとのインタビューで、11月の米大統領選の民主党候補指名を確実にしたバイデン前副大統領が支持率で優勢となっている世論調査は信じないと述べた。

> 新型コロナ対策でトランプ氏への信頼度低下=世論調査

28日に公表されたロイター/イプソスの世論調査では、新型コロナウイルス対策でトランプ米大統領に対する信頼度が低下していることが明らかになった。

> 中国製造業PMI、4月は50.8に低下 輸出受注が大幅に減少

中国国家統計局が30日に発表した4月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は50.8となり、3月の52.0から低下した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け世界経済の大半が休止状態に陥る中、輸出受注が大幅に減少。中国経済の本格回復にはまだ時間がかかりそうだ。

> 米政府、コロナワクチン開発加速へ 年末までに1億人分=高官

米トランプ政権は、新型コロナウイルスのワクチン開発を加速させる計画で、2020年末までに1億人分のワクチンを用意することを目指している。政権高官が29日、匿名を条件に明らかにした。

> 韓国、新型コロナの新たな国内感染なし 2月以降初めて

韓国疾病予防管理局(KCDC)は30日、国内で新たに新型コロナウイルスに感染した人は報告されなかったと発表した。新規国内感染者が出なかったのは2月以降で初めてとなる。

> EXCLUSIVE-中国、米大統領選で私を敗北させたい=トランプ氏

トランプ米大統領は29日、大統領執務室でロイターのインタビューに応じ、新型コロナウイルス感染拡大への中国の対応は同国が2020年の米大統領選で自身を敗北させるために「何でもやる」ことを示していると述べた。

> 中国、1130億ドル規模の輸送プロジェクトを準備

中国交通運輸省は30日、すぐにでも開始できる輸送プロジェクトの投資総額が8000億元(1130億2000万ドル)に達していると表明した。景気対策の一環。財源が確保できているという。

> 〔BREAKINGVIEWS〕金正恩氏不在は世界の懸念要素、後継者問題がネック

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、常に世界を不安に陥れている。自らが姿を現す場合はもちろん、逆に公の場で確認できないという事態でもそれは全く同じだ。正恩氏については、心臓の具合が悪いことによる病気説や、こん睡状態説、死亡説などが飛び交っている。実際に病気であっても、あるいは健康に問題がなくても、正恩氏は後継者を決めていないので、今後国内で権力闘争が勃発する可能性がある。

> 〔BREAKINGVIEWS〕米国民の映画館離れ、コロナ後も継続か

あかりの消えた映画館が映し出すのは、近未来の光景かもしれない。新型コロナウイルスの感染拡大によってAMCエンターテインメント(AMC.N)などが運営する映画館が完全に閉鎖される以前から、映画館の入場者数は減る一方、ネットフリックス(NFLX.O)などの配信サービスが台頭していた。AMCはこの流れに抵抗しているが、米国の映画館が再び満席になると想像するのは、サイレント映画のごとく過日のものなのかもしれない。

> ギリアドのコロナ新薬治験で肯定的な暫定結果、ファウチ所長「意義大きい」

米国立衛生研究所(NIH)傘下の国立アレルギー・感染症研究所は29日、ギリアド・サイエンシズ(GILD.O)の新型コロナウイルス感染症治療薬候補「レムデシビル」の臨床試験で、患者の回復が31%早まったとの暫定結果が得られたと明らかにした。

> スイスがコロナ規制をさらに緩和へ、大規模集会は8月まで禁止継続

スイス政府は29日、新型コロナウイルス感染拡大抑制のための規制を一段と緩和する方針を明らかにした。スポーツイベント、店舗、レストラン、博物館の再開が含まれるが、1000人以上の集会は8月まで禁止が継続されるという。

> 中国、今年のボアオアジアフォーラムを中止 新型コロナで

中国国営メディアが30日に伝えたところによると、中国は新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を理由に、今年の「博鰲(ボアオ)アジアフォーラム」の中止を決定した。

> 財新の4月中国製造業PMIは49.4 予想外の50割れ

財新/マークイットが発表した4月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は49.4と、前月の50.1から低下し、好不況の分かれ目となる50を予想外に下回った。

> コロナ禍の米失業者急増、マイノリティーに最大の打撃=FRB議長

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は29日、新型コロナウイルス流行による足元の失業者急増で黒人とヒスパニック(中南米系)がとりわけ大きな打撃を受けていると指摘した。

> アップルとグーグル、新型コロナ感染追跡技術のベータ版を試験へ

米アップル(AAPL.O)とアルファベット(GOOGL.O)傘下のグーグルは29日、新型コロナウイルスの感染者追跡技術の初期版2つを今週、試験目的で特定の開発業者に提供すると発表した。

> 英ジョンソン首相の婚約者が男児出産、母子とも順調

新型コロナウイルス感染から回復したジョンソン英首相(55)の婚約者キャリー・サイモンズさん(32)が29日、ロンドンの病院で男児を出産した。

> 〔BREAKINGVIEWS〕中銀の政策対応に「弾切れ」なし、政治介入は逆効果

物事には必ず終わりがあるが、どうやら中央銀行当局者の創意工夫は例外のようだ。新型コロナウイルスに痛めつけられた経済が回復するには大規模な支援が必要で、今後さらなる落ち込みは避けられない。そこで金融政策の大立者たちは、成長をてこ入れするための新しい方法を編み出し続けるだろう。

> 独企業の3割、規制3カ月が限界=IFO調査

ドイツのIFO経済研究所が独企業を対象に新型コロナウイルス封じ込めによる規制措置の長期化にどの程度耐えられるか調査したところ、29.2%が最長3カ月間が限界だと回答した。52.7%は6カ月が限界だとした。

> 米フロリダ州、経済の一部再開を発表 ミシガン州は建設業再開へ

米フロリダ州のデサンティス知事(共和党)は29日、マイアミ周辺を除く地域で来週から経済活動の一部再開を認めると発表した。ミシガン州のウィットマー知事(民主党)は、建設部門の再開計画を明らかにした。

> EU復興計画は今年後半に開始を=ジェンティローニ欧州委員

欧州連合(EU)の欧州委員会で経済を担当するジェンティローニ委員は29日、EU首脳が依然協議中の新型コロナウイルス危機復興計画について、最も打撃を受けた国々への補助金交付と貸付金の双方を盛り込んだ上で、今年後半に開始できるよう準備を整えるべきとの見解を示した。フランスの経済紙レゼコーのインタビューで語った。

> KFC運営ヤム、4月売上高に改善の兆し 在宅注文や一部での来客増で

ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)などを運営する米ヤム・ブランズ(YUM.N)は29日、在宅からの注文数が増加しているほか、一部の国で封鎖制限が緩和され店舗に顧客が戻っていることを受け、4月の売上高に改善の兆しが見られたと発表した。新型コロナウイルスへの懸念が続く中、世界の外食産業はデリバリーや持ち帰りメニューを充実させている。

> ドイツ銀、第1四半期は赤字に転落 新型コロナで通期見通しも悪化

ドイツ銀行(DBKGn.DE)が29日発表した第1・四半期決算は、株主に帰属する純損益が4300万ユーロ(4664万ドル)の赤字となった。前年同期は9700万ユーロの黒字だった。

> EXCLUSIVE-米アマゾン、禁輸措置対象の中国企業から検温カメラ購入=関係筋

米アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)が新型コロナウイルス対策のため、米政府から禁輸措置を受けている中国の監視カメラ製造大手から体温測定カメラを購入していることが分かった。事情に詳しい関係者3人がロイターに明らかにした。

> 米リフト、982人の削減と賃下げを計画 新型コロナによる打撃で

米配車サービス大手リフト(LYFT.O)は29日、従業員の17%に当たる982人を削減するとともに、賃金削減を行なう方針を明らかにした。 米国の大半で新型コロナウイルス感染拡大抑制のための閉鎖措置が続き、配車業界はほぼ崩壊状態にある。

> 中国の責任追及が目的の国際調査に反対、新型コロナで=外務次官

中国の楽玉成外務次官は、新型コロナウイルスの世界的流行に関し、中国の責任追及を目的にしているいかなる国際調査にも「断固反対する」と表明した。

> スペインで感染鈍化続く、内相「封鎖解除中は一段の自制が必要」

スペイン政府当局者は29日、ロックダウン(都市封鎖)による新型コロナウイルス感染抑制の効果は出ているが、来週から段階的に封鎖を解除するには一段の自制が必要との考えを示した。

> 米FRB、金利据え置き・量的緩和維持 新型コロナの中期リスク警戒

米連邦準備理事会(FRB)は28─29日にテレビ会議方式で開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、金利据え置きと量的緩和の維持を決定した。また、新型コロナウイルスの感染拡大で短期的な経済成長が阻害されるだけでなく、中期的にも「著しいリスク」がもたらされるとの認識を示し、この難局を乗り切るために「あらゆる手段を行使する」と改めて表明した。

> ハンガリー、首都以外での新型コロナ規制を一部緩和 2週毎に見直し

ハンガリーのオルバン首相は29日、首都ブダペスト以外の地域で新型コロナウイルス感染拡大抑制のための規制を一部解除した。店舗とレストランのテラスが時間制限なしに営業可能となり、屋外プールも再開される。ただし、店内と公共輸送機関ではマスク着用または顔を覆うことが義務付けられるという。

> 米景気対応、現金から長期的な政策に転換必要=カドロー氏

米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長は29日、米経済の急回復が見込まれる中、「現金」による景気対策からより長期的な経済下支え策にシフトする時期が来ているとの認識を示した。

> 米中小企業向け支援、融資申請から一時的に閉め出された大手行が猛反発

米中小企業庁が29日、中小企業の給与保護プログラム(PPP)の融資認可申請について、一時的に中小銀行からの申請に限定すると発表したため、大手行が猛反発した。

> 米財務省、FRBの企業支援措置に追加出資する用意=ムニューシン長官

ムニューシン米財務長官は29日、連邦準備理事会(FRB)が新型コロナウイルス対策として打ち出した企業支援を拡充するか、新たな支援措置を打ち出した場合、財務省として追加的な出資に応じる意向を示した。一方、航空業界へのさらなる支援は現時点では考えていないと述べた。

> 米ADM、第1四半期利益が予想上回る 栄養事業など好調

米穀物商社アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)(ADM.N)が発表した第1・四半期決算は、利益が市場予想を上回った。農業サービスや油糧種子、栄養分野の事業の好調が寄与した。

> イタリア、新型コロナ死者2.7万人 増加数は鈍化

イタリアで確認された新型コロナウイルス感染症による死者は29日に323人増え、累計2万7682人となった。増加数は前日の382人から鈍化した。イタリアでの新型コロナによる死者は米国に続き世界2番目に多い。

> VWとダイムラー、コロナで1─3月期大幅減益 第2四半期赤字予想

ドイツ自動車大手のフォルクスワーゲン(VOWG_p.DE)とダイムラー(DAIGn.DE)は29日、新型コロナウイルスの感染拡大で第1・四半期利益が打撃を受けたとし、通年の業績見通しを下方修正した。

> 中国、北京含む北東部で新型コロナ抑制策緩和へ 感染継続的に減少

中国の北京市と天津市、および河北省は29日、新型コロナウイルス感染件数の継続的な減少を受け、緊急体制レベルを30日午前0時に引き下げると発表した。

> 米、武漢ウイルス研を懸念 中国は施設立ち入り認めよ=国務長官

ポンペオ米国務長官は29日、世界中に感染が拡大した新型コロナウイルスの発生源を巡り、中国湖北省武漢市にあるウイルス研究所について、米政府は今もなお懸念を持っているとした上で、施設への立ち入りを認めるよう中国側に改めて要求した。

> 新型コロナワクチン、量産実現は来年半ば以降=英グラクソCEO

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)(GSK.L) (GSK.N)のウォルムスリー最高経営責任者(CEO)は29日、新型コロナウイルスワクチンの量産実現は2021年半ば以降になるという見方を示した。

> ドイツCPI、4月は+0.8%に鈍化 16年11月以来の低い伸び

ドイツ連邦統計庁が29日発表した4月の消費者物価指数(CPI)速報値は、欧州連合(EU)基準(HICP)で前年比0.8%上昇と、3月の1.3%上昇から鈍化し、伸びは2016年11月以来の低水準となった。

> ギリアド新型コロナ薬試験、良好な結果 早期投与で効果の可能性

米製薬ギリアド・サイエンシズ(GILD.O)は29日、新型コロナウイルス感染症治験薬「レムデシビル」の臨床試験で前向きなデータが得られたと明らかにした。

> ユーロ圏景況感指数、4月は過去最大の落ち込み

欧州委員会が29日発表した4月のユーロ圏景況感指数は67.0と、前月から27.2ポイント低下し、統計を開始した1985年以来、最大の落ち込みを記録した。市場予想の74.7を下回った。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた封鎖措置を受け経済活動がほぼ停滞したことを反映した。

> 政府、緊急事態宣言延長で調整 全国対象に約1カ月=日経

日本経済新聞によると、政府は5月6日が期限の新型コロナウイルスを巡る緊急事態宣言を延長する方針を固めた。全国を対象に1カ月ほど延長する案を軸に調整する。1日に開く専門家会議の意見や状況を見極めた上で最終的な判断を行うという。

> 米国務長官、金正恩氏の「姿見えず」 状況を注視

ポンペオ米国務長官は29日、FOXニュースとのインタビューで、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の動静について「姿が見えず、きょう報告すべき情報はない。状況を注視している」と語った。

> ドイツ、今年の経済成長率-6.3%と予想 戦後最悪の景気後退

ドイツ政府は29日、2020年の経済成長率見通しをマイナス6.3%とし、1月に示した見通しのプラス1.1%から大幅に下方修正した。景気は第2・四半期に底入れし、その後は回復するとの見方を示したものの、アルトマイヤー経済相は新型コロナウイルスの感染拡大によりドイツ経済は第2次世界対戦以降で最悪のリセッション(景気後退)に陥るとの見方を示した。

> 金正恩氏は元山に滞在か、衛星画像に金氏の船

しばらく前から公の場に姿を見せず、健康不安説も浮上している北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、東部の元山(ウォンサン)に滞在している可能性を示す衛星画像が公開された。

> 英バークレイズ、第1四半期税前利益が38%減 貸倒引当金積み増し

英銀バークレイズ(BARC.L)が発表した第1・四半期決算は、税引き前利益が前年比38%減少した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、融資の焦げ付きが増える見通しで、貸倒引当金を21億ポンド(26億ドル)積み増した。

> エアバス、コア利益が49%減 新型コロナが打撃

航空機大手エアバス(AIR.PA)が発表した第1・四半期決算は、調整後営業利益が49%減少して2億8100万ユーロ(3億0470万ドル)に、売上高は15%減の106億3100万ユーロとなった。

> 北京市、市外からの移動規制を30日にも緩和へ=関係者

北京市は新型コロナウイルス感染の低リスク地域からの人の移動を30日にも緩和する可能性がある。状況に詳しい関係者2人が明らかにした。

> 韓国サムスン、第1四半期は3%営業増益 新型コロナで先行き不透明

韓国のサムスン電子(005930.KS)が発表した第1・四半期決算は、営業利益が3%増で暫定値と一致した。ただ新型コロナウイルスの影響でスマートフォン(スマホ)やテレビの販売が減少しており、今第2・四半期は減益を見込む。

> 米スタバ、4-6月中国販売は最大35%減も 9月までの回復予想

米コーヒーチェーン大手のスターバックス(SBUX.O)は28日、第3・四半期(4—6月)の中国の既存店売上高が新型コロナウイルスの影響で大幅に落ち込むとの見通しを示した。ただ、9月末までには回復する見込みだとした。

> 米大統領、食肉処理施設の操業継続命令 供給懸念で国防生産法活用

トランプ米大統領は28日、国内の食品供給確保に向け、国防生産法に基づき、食肉処理施設に操業継続を命じた。精肉業界の労組からは、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、加工作業にあたる従業員の感染防止策の強化を求める声が上がっている。

> 米フォード、第2四半期は50億ドル超の赤字に 新型コロナで需要減

米フォード・モーター(F.N)が28日発表した第1・四半期決算は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)による影響を受け、20億ドルの損失となった。北米工場が閉鎖される中、第2・四半期は2倍以上に当たる50億ドル超の損失計上が見込まれるという。

> フィッチ、イタリアをBBBマイナスに格下げ ジャンクの一歩手前

格付け会社フィッチ・レーティングスは28日、イタリアの信用格付けを「BBBマイナス」に引き下げた。格付け見通しは「ネガティブ」から「安定的」に変更した。

> 米、新型コロナ感染者100万人突破 加州は製造業などの再開計画

ロイターの集計によると、米国の新型コロナウイルス感染者数が28日、累計100万人を突破した。世界全体の感染者総数の3分の1を占める。

> WHO、新型コロナ対応を擁護 「迅速かつ断固たる態度で行動」

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は29日、新型コロナウイルス感染症への対応を巡り、WHOは「迅速かつ断固たる態度で」行動したと擁護した。

> 米GDP、第1四半期速報値は4.8%減 4─6月期は最大40%減も

米商務省が29日発表した第1・四半期の実質国内総生産(GDP)速報値(季節調整済み)は年率換算で前期比4.8%減と、2008年第4・四半期以来の大幅な落ち込みとなった。

> フランス、新型コロナ死者2.4万人超 入院者数の減少継続

フランス当局が29日発表した新型コロナウイルス感染症による死者数は427人増の2万4087人だった。

> 英、新型コロナ死者2.6万人 欧州でイタリアに次ぐ2番目の多さ

英国の新型コロナウイルス感染による死者数が28日時点で2万6097人に達した。フランスとスペインを超え、欧州ではイタリアに次いで2番目の多さとなった。

> トランプ米大統領・ファウチ氏、ギリアド・コロナ薬の有望データ歓迎

トランプ米大統領は29日、ギリアド・サイエンシズ(GILD.O)が新型コロナウイルス感染症治験薬「レムデシビル」の臨床試験で有望なデータを得たとするニュースを歓迎すると述べた。

> トヨタとVW、米生産の再開を延期

トヨタ自動車(7203.T)とドイツ自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)は29日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)を受けて停止している米国内の生産について再開を延期すると発表した。

> 米、コロナワクチン開発加速へ 官民連携で年内に1億人分=報道

米トランプ政権が新型コロナウイルスのワクチン開発を加速させる計画を水面下で策定していると、ブルームバーグが29日に関係筋の情報として報じた。年内に1億人分のワクチンを用意することを目指しているという。

> WHOはコロナに「迅速」対応、子どもが炎症疾患にかかる事例も

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は29日、新型コロナウイルス感染症への対応を巡り、WHOは「迅速かつ断固たる態度で」行動したと擁護した。

> 米、新型コロナ死者6万人突破 2週間で倍増=ロイター集計

ロイターの集計によると、米国の新型コロナウイルス死者数が29日、6万人を突破した。死者数は過去2週間で倍増した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below