for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=レアルとアトレチコ、新型コロナで困窮家庭の支援協力

 サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードとアトレチコ・マドリードが、新型コロナウイルスのパンデミックにより首都マドリードで経済的困窮に直面する家庭を支援するため、共同で募金活動を開始した。写真はレアルのフロレンティーノ・ペレス会長。マドリードで2月撮影(2020年 ロイター/Juan Medina)

[マドリード 4日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードとアトレチコ・マドリードが、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により首都マドリードで経済的に困窮している家庭を支援するため、共同で募金活動を開始した。

レアルのフロレンティーノ・ペレス会長は両クラブ発表の動画で「われわれは近年の歴史で最も困難な状況の1つに直面しているが、それをともに乗り越える。レアルとアトレチコは共同でMadridxMadrid(Madrid for Madrid)を立ち上げた。われわれの社会で最も困窮している人々のための取り組みとなる」と語った。

また、アトレチコのエンリケ・セレソ会長も「難しい時期を経験している人々を支援するための取り組みによって、マドリードは団結できる」と話した。

スペインは新型コロナ感染被害が欧州で最も深刻な国の1つであり、マドリードでは8000人、国内では2万7000人以上の死者が出ている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up